ネットクイズ界を縦横無尽に駆け抜けるでぃーどせんせー、と呼ばれてます。最近は上の写真のようにクイズやったり文章書いたりしてます。ページをwoman.exciteに移したいなぁと。コメントはご自由にどうぞ。


by banijya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
すべてはこの人から始まりました。


気さくなおっちゃん、という感じの人。

KBS京都でのインタビューを見て、一気に
私が飲んでたお茶をブラウン管全体にぶちまけるほどの
衝撃を持っている人です。


ここから(゜▽、゜)さんとヽ(  ̄▽ ̄)ノ で、
関西イデツ愛好会は生まれました。

YouTubeで見つけたので、Mixiではなく
こちらで投下しておきます。そうすると
何人かめぽー部も反応してくれそうですし(゜▽、゜)


そして、今日、どれぐらいアイビスサマーダッシュで
やらかしたのかについてはMixiに書きます(゜▽、゜)

でも、明日朝早いから、明日にすると思いますが(w
[PR]
# by banijya | 2006-07-16 23:33 | 競馬よもやま話
眠れないときは文章を書くクセがあるハイエルフです。
こんばんは。


最近は、ネットクイズも企画企画の花盛り。
ぱんだ商店さんとこのネットクイズスケジューラーや、
くげさまのところのQスケを見てるとほんとすごいなぁ、と。

7・8月なんて割り込む余地がないよ_| ̄|○

でも、こういう状況になると、「私も企画したい!」って
いう人ができなくなるような感じもあるんですよね。

というか、老舗ともいうべきところでも一歩引いてる
可能性はあるんではなかろうか、とも。



今年の夏は、ネットクイズ界も大型クイズ企画が花盛り。

「SAKUGEFinal」
「高校生クイズトリビュート」
の2大巨頭の予選が毎週展開されていくようになる。

うれしくもあり、また、つらくもあり。
(どっちも全部出ようとするからでしょ(^^;))

あと、もう中型とは言えないレベルになりつつある、
ひでぽんさんの「スルノカ?クイズ」まで入れると
わたしゃはいったいどうなってしまうのか、と(何


自分のペースでクイズができる空間というのが
私のネットクイズとのつきあい方だったので、
今後は、もし仮に勝ち残っていけたとすれば
なんだかとってもせわしないなぁという状況に
なるのかなぁ、とふとぼんやり考えてしまったわけです。

QDJにも参加できないぐらい忙しい状況がずっと続いていますし。


なんて言うんでしょうねぇ。

ホームグラウンドがアウェイになっていく感覚、
といったらわかってもらえるのかな?


また、精神的な余裕ができればいいなと思ってます。

また、バカ問読む余裕が生まれればいいなって。



ネットクイズスケジューラーって、先々まで
誰がどういう企画を打とうとしているかという点では
とてもいいとは思うのですが、仮押さえでも何でも
先々までガガガガガっとかかれているとなんだかなぁ、と。

企画やりたいと思う人もたくさん(特に夏休みなどですと)
いらっしゃるでしょうし、でも、そんな中で
正直、何か大きなものとバッティングがわかると…ね。

避けようとするのが人情かなってハイエルフは思います。



最後に、私が尊敬するある人が言っていた言葉を一つ。

「オープン大会にしろ、例会にしろ、参加する人は貴重な
休みを割いてやってくるわけだから、その点はふまえておかないとね。」


いつも、これを肝に銘じて例会や企画は担当してるつもりです。

同じものを強要しようとは思いませんけども。

社会人の時間の無さ、というのはしみじみ感じる今日この頃です。


さ、問題つくろ。必ずどこかで日の目は見るんだから。
[PR]
# by banijya | 2006-07-14 01:52 | でぃーどん天幕團
最近のマイブームは

微妙な芸人さんでクイズ問題を作ること
のハイエルフです。こんにちはヽ(  ̄▽ ̄)ノ

さて、じゃあ最近の気になる人をぴっくあっぷ。

「テツandトモ」さん。

消えかけてる、消えかけてると言われながら
今は何をして回っているのかなぁと思って
調べてみたら、活躍の舞台をBS(衛星放送)と
テレビ東京に移した模様(苦笑)。

7月のスケジュールはほとんどそれで埋まっていました。
がんばれ。

ダンディ坂野さん。

ゲッツはつりバカ日誌に出てます(w


続きましては一問(゜▽、゜)

問題。
1967年7月5日生まれ。
大阪府豊中市出身のタレントで

(はい、あるたみせんせはここで答えるように(゜▽、゜))

BLOGのタイトルは「がんバレー俺!」である、
「キーボードスタンダップコメディアン」というキャッチフレーズの

「歌う阪急電車」といえば誰でしょう(゜▽、゜)


そうです。もうおわかりですね。


幹てつやさん。

ちなみに、先ほどあることに気がつきましたので
並べてみることにします。

幹てつやさん(大阪府豊中市出身)  7月5日生まれ。
ヽ(  ̄▽ ̄)ノ さん(帰らずの森在住)7月6日生まれ。
(゜▽、゜)さん(お笑いボランチ)    7月7日生まれ。


_| ̄|○(ぉ


幹さんの近況については多くを語らないことにします(何


そして・・・

カンニング中島さん。

何気なく検索したら
ここのカンニングスレを見つけてしまって、不覚にも字で泣かされました。

で、こういうニュースも出てましたし。

もうすぐもうすぐ。

吉本福岡事務所から巣立っていったメンバーが
少しずつブラウン管に出るとうれしい、と思う
ハイエルフでございます。イチオシはもちろん華丸大吉(゜▽、゜)。


最近はこういうお笑い芸人板でしみじみさせられる展開が多いです。

・゚・(ノД`)・゚・もろくなってます。
[PR]
# by banijya | 2006-07-07 13:49 | 日常よもやま話

一瞬の切れ味。

ルックス君が自分のBLOGで大喜利を始めた、というのを
きっどんの日記のコメント書き込みを見て知ったのです。
(考えてみるとものすごくまわりくどい)

で、見に行きました。

感想を一言。

livedoorブログはうちのエキサイトブログなどとちがって、
「管理者だけに伝える」というシークレット系の書き込みが
できないので、ちょっぴり不利です。


判定者はルックス君一人なので、
そういうページをつくってみたほうがいいかも。

公開するときもおもしろくなりますよ。


ああいう形だと、前の人の書き込みにどうしても
左右されてしまいますからね。


では、でぃーどなら、開幕戦のお題に関して
どういう三本で挑むか。

お題。
「あなたの余命が残り2分だったら、何をしますか?」

More
[PR]
# by banijya | 2006-07-04 21:06 | 日常よもやま話
昨日も朝からお仕事でした。

十三でへこへこと
「みんな、青春の炎は燃えているかぁー!」と叫んでから
京都へ。

友人ともども新快速でぼんやりトーク。

そして京都の実家で荷物をへこへこもって
再び京都駅に戻り、JR奈良線へ。

そこから奈良を経由しておうちへ。


第一ラウンド CCC企画。

企画内容はだいぶ前から電車の中で、
2時間程度でできるややお気楽企画として
国語のせんせらしくねりあげたものでした。

内容はまたログでもみてやってくださいまし。

第二ラウンド SAKUGE前夜祭見学。

というわけで企画終了後、ぼんやりと見てました。
で、なぜか「武勇伝」の結果も発表されるとのこと。

・・・同率一位で残ってしまいました。

しかも、ひでぽんさん相手にじゃんけんで勝ってしまいました。


あまりのことに思わず
諸葛亮風に「はわわ・・・」となりそうでした。


さっきひでぽんさんのBLOGを読んだら、ひでぽんさんも
一票くださっていたとのこと。感謝感謝♪

同じく前夜祭チャンピオンの稜藤さんとともに、
今回も精一杯がんばる、というよりは・・・

More
[PR]
# by banijya | 2006-07-04 00:48 | ネットクイズよもやま話
(まだ前編を読んでない人はこちらからどうぞ。)

<北コース 第6チェックポイント 盛岡>

小岩井農場で牛乳早飲み対決!
(ハンデとしてシェールは牛乳まんじゅう2個)。

ではなくて、トロ馬車タイムレース。


ひでぽんさんに開始前に
「あなたも老獪なテクニックを発揮してくださいw」と
言われたので、じゃあ(゜▽、゜)と本気で老獪なテクニックを考える(w

とりあえず、周りとのポイントチェックをしながらゆっくりと
攻めてみようと考える。ここでチェックするのは今後の早押しの展開を
考えて、早押し相手としては何度か対戦経験がある
thomaさんや番長さんではなくて、
ぼっこみくんとタケノコプターくんをチェックし、どれだけ
押し勝てたかをチェックしつつやってみることにする(十分老獪(゜▽、゜))。

前半終了時点で
ぼっこみくん    1○2×(最大ポイント-1)
thomaさん      2○2×(最大ポイント+1)
タケノコプターくん 1○1×(最大ポイント+1)
番長さん      1○0×(最大ポイント+2)

ここまでみんなのポイントが「先行脚質」だとしてこの状況。
一方私は、3○0×で3p。
後半の「追い込み脚質」にしていることもあって、
後半1○で十分だな、と思いながら攻めることにした。

後半。「水沢競馬場」をとれた段階で勝利は確定。あとは気持ちよく
問題を聞いて行こう、といった気持ちに。そして、タケノコプターくんの
押しの早さをチェック。「倉敷藤花」とか「ザルツブルグ」とかを1行押し。
十分、手練れの予感を醸し出す。うん。この子は強い。気をつけよう。

後半の結果。
ぼっこみくんが2×をやらかした時点で勝負あったな、と思いました。
でも、一つだけいえるのは、この子もどんどん強くなりそうだな、と。
若い力の躍動を感じ始めた瞬間でした。



<北ルート準々決勝 金木町>

ストーブ列車内でスルメイカをいただきました。
はぐはぐ。(かみ切れなかったらしい)

ビールくださいとのたまう未成年者と、
日本酒を求める番長・thomaコンビ。
ダメです。そういうことをすると司会者まで飲もうとしますから(゜▽、゜)

ここでは大声クイズ。

前回も大苦戦の末、何とかみんなが押しそうにない難問ばかりを攻めて
勝ちきった覚えがある。

まずは言いやすい大声フレーズがいいなぁ、
とか思っていたらこんな展開に。

ひでぽん:ところで南コースの方に、
     あなたを倒すためだけに参加したという
     お友達の方がおりますねw
     誰ですか?
シェール:(゜▽、゜)さん(w
ひでぽん:あるたみさんの存在は不気味ですか?
シェール:あの人はナマモノですから。
     不気味以外の何者でもないです。
ひでぽん:それは確かに不気味ですね~^^;;
     そこであなたは「(°▽、°)帰れ!」と叫んでくださいw

やってみるとわかるのですが、結構、これは言いにくい(w

でも、大声フレーズ的には番長さんやthomaさん
よりはマシかなぁ、と思い直す。
(番長さんは14文字、thomaさんは10文字、
シェールとタケノコプターくんは9文字)

1問目。
(東北地方にある4年制国立大学)
朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、
「あ」

この段階で私以外の3人が動き出す。
私にとってはまだ確定ポイントではないので静観。

ところがなぜか3人とも手が止まる(w

なんでよ(苦笑)。

続き。

と幽(かす)かな叫び声をお挙げになった。
という書き出しで始まる太宰治の小説のタイトルは?

さぁ、確定ポイントがきたのでゆっくりとがんばろう(゜▽、゜)


(岩手大学゜▽、゜)帰れ!
(゜秋田大学▽、゜)帰れ!
(゜▽弘前大学、゜)帰れ!
(゜▽、山形大学゜)帰れ!
(゜▽、゜宮城教育大学)帰れ!

というわけで「斜陽」を正解。まぁ、これは出ると思っていたのでOK。
ちなみに、最後の最後にひねりだした宮城教育大学は某ミスタイムさんの
おかげです。感謝感謝♪(思い出すのにちょっぴり時間かかったけど)

次の「プレスリー」は番長さんにささっと行かれ、
(3つ叫ぶのに手間取った時点であきらめてました)
次の3問目。
「江戸三上水の一つとして知られ」の段階で叫び始める。

なんとか解答権をとって「玉川上水」正解でリーチ。

で、次のお題が・・・
(あなたの好きな女性の名前w)。

とりあえずこっぱずかしいなぁ、と思いつつ、
思い切ってゲームキャラをすべて並べる恥も外聞もない作戦へ(爆)。

まぁ、この問題はとられてもいいや(マテ

その後、タケノコプターくんの誤答をはさんで、何とか国際捕鯨委員会を
正解し、2回連続の1抜け。
(ちなみに、美味しんぼに国際捕鯨委員会の話が出てたんですよ)

番長さんが後に続き、最後に勝ち上がってきたのは、thomaさんの3人で
準決勝、の夢を打ち砕いたタケノコプターくん。

注意すべき人があがってきたな、という印象を受けていました。



北ルート、決勝を前に。

ひでぽんさんに送ったメール。
そこに私が記したこと。

「この第三回スルノカ?クイズで連覇できたら、私はスルノカ?だけでなく
ネットクイズ界からきれいに身を引こうと思ってます」

かなり、本気でした。

自分自身が、なかなか時間的にいろいろなものを捻出できない、という
部分もあったのですが、何よりもネットクイズで
十分すぎる思い出ができた。
いろんなつながりもできた。

「もう、悔いはないな。」って。


若い人々に対して、あのハイエルフは(シェールは)伝説となった。
そういう形ができればいいな、と思ってました。

だからこそ、私にとっての最後のニューヨーク決勝の相手。
最後の相手はだれがいいかな、と思って南コースを見渡したら、
知識量・指の速度を知っている、きっどんや(゜▽、゜)さんではなく、
若手エキスパートの代表格、ポリフォンくん以外いなかったのでした。

最後、ニューヨークでポリフォンくんを完膚無きまでに叩きつぶして、
彼を「_| ̄|○」させられれば、満足(ひねくれてる)。

とまぁ、こんなシナリオを描いていたんです。

ちなみに、じゃんけんで当たってなかったらポリフォンくんではなく、
この相手はルックスくんになったかもしれません。

それぐらい、あるたみさんのSMASHから発掘された彼らの勢いは
すさまじいものでした。去年の年末の「SMASH疾風怒濤」で私は
並み居るメンバーを相手に一矢を報いることができましたけど、その時から
ですね。こういうことを考え出したのは。

そういう思いを持って挑んだのが、
私にとって最後のチェックポイントでした。



<北ルート決勝 竜飛岬>


横の二人をじっと眺めてみる。

まずは押しの速度ではわたしと、ほとんどひけをとっていないことが
判明したタケノコプターくん。とにかく、基本的な問題に対する反応
速度が速い。学問系や、ツボにはまる問題のやりこみ方からはクイズ
研究会のにおいをぷんぷんさせている。問題の順列によっては足下を
すくわれてもしょうがないな、とあきらめさせられる瞬間もある。

SAKUGE2005チャンピオン番長さん。
要所要所で、目の前に現れる壁が私らしい。
「LunarticAcademy」もそうだった。
押しの速度では負けていないが、得意ジャンルがまるっきり違うので
お互いに相手が反応できない問題になると負けてしまう。
ただ、雑学知識系になると完全に指勝負になるので気はゆるめられない。


とにかく攻めよう。
北ルート、準々決勝・準決勝と相手の先手を奪って1抜けができた。
ここも同様に。

緊張しながら、早押し機に親指をおいた。


「問題
青森県にある市でその名前が
ひらがなで書かれる市は2つあります。つ」

「つ」の文字が見えた。
確定ポイントが出れば、こちらのもの。

無事に「むつ市」を正解。

「問題
その深さは423mと」

ここでタケノコプターくんが「田沢湖」を正解。
そう。こういう1行押しの展開になったら勝てない。
それでも、タケノコプターくんにはこういう長所がある。
これが続かないことを祈るしかなかった。

「問題
石川さゆりのヒット曲「津軽海峡冬景色」の
一番の歌詞に出てくる
鳥は?」

たまたま、に近い。押し勝つことができた。
「かもめ」を正解し、2ポイント目。

「問題
スリーレターコードはUKB。
今年の2月16日に」

反応が遅れてしまって、番長さんに先に行かれる。
神戸空港。早くも閑散としかかってます(ぉ

「問題
デビュー曲「桜の花びらたち」が
オリコン初登場10位を記録。
秋葉原の劇場で毎日ステージを行っている、」

秋葉原、まで待ってしまったのでやはり、その筋のプロ(マテ
番長さんに持って行かれる。きびしい。

「問題
日本語では陽電子放射断層撮影という
最近注目のガン検診、」

指が勝手に反応してしまった。
とりあえず答えないと…。えーっと。
「CTスキャナ」ぶー_| ̄|○

あと1行見てれば答えられたなぁ。しょんぼり。

というわけで、誤答・スルー待ちの状態から無事にスルーが出て
全員2ポイントでこの問題。

「問題
旧国名がビルマといえば
現在のミャンマー。では
旧国名をセ」

押し勝ち。セ、で始まるところってここしかないから。
「スリランカ!」

そして通過席。一発で決めてしまおうと心に決める。
というわけで1番。

「問題
その手腕から「マエストロ」の異名をとった、
今年1月末に退官するまで約18年に渡りFRB」

顔は出てくるのに名前が出てこないで撃沈。
グリーンスパン。結果的にこれが敗因となる。

そして番長さんが通過席へ。
1問スルーを挟んでこの問題。

「問題
ミケランジェロやレオナルドダビンチを支援し」

ここでタケノコプターくんが1行でまた反応。「メディチ家」を正解。
入れ替わりで通過席へ。

そして…。

「問題
1870年プロイセンとの戦争に敗れたフランスで
民衆と国民軍が政府に反抗して樹立した」

私も押した。しかし、タケノコプターくんのハットが先にあがっていた。



タケノコプター:パリ・コミューン

ピンポンピンポンピンポンピンポン!!!!

ひでぽん:正解!!ニューヨーク行き!!



この瞬間、2連覇の夢、決勝行き、そしてそれ以外のシナリオが
音を立てて崩れ去っていきました。

ひでぽんさんとのエンドトークでも言ってますけど、
簡単に引退できないなぁ、って(苦笑)。

前回チャンピオンは準決勝止まり。
変なジンクスできちゃったなぁ。


罰ゲーム。

金髪ロングヘアー、ばっさりいきました。
一応、かぶれるようにカツラの形にしてもらえるように
剃ってみたんですけどね。
番長さんは、ほんとえなりかずき風スマイルで
なまなましかったです(゜▽、゜)。

どうでもいいのですが、番長・シェール・ひでぽんの罰ゲーム内における
やりとりは台本なしのアドリブです。それでこのミラクルプレイですから(w

吸盤つけて軽トラック引っ張ったところまでは覚えてます。
が、そのあとの記憶はありません(w


その後、わたしと番長さんは
鶴田町から鰺ヶ沢町へ移動し(鶴田町には皮膚科がなかったので)、
鰺ヶ沢町立中央病院に入院。
同時に整形外科で頭皮の移植手術を行い、金髪ロングヘアーを再生。
番長さんはスーパーミリオンヘアーで再生(笑)しました。

入院中、くげさまがラーメンようかんとか、ジンギスカンキャラメルとかを
持ってきてくださって、とても華やいだ空気になったり、それを看護師の
おねぇさんに食べさせて殺伐とした空気になったり、なまなましかったの
ですが、とても大切な入院生活でした(ぇ?)。

ニューヨークの決勝はVTRで見ました。
南コースを勝ち抜いてきたのはポリフォンくん。
それよりも、タケノコプターくんの勢いが勝ったな、と思いました。

そして思ったこと。
青杜くんや私が飲み込まれたジンクスに
タケノコプターくんも飲み込まれる?(ぉ


そして青森空港から帰宅。
大阪伊丹空港で、徳島に向かう番長さんとお別れ。

家に帰り着いた時、季節のカレンダーはもう一つめくられていました。

寒く、冷たかった北の大地から、暖かく平和な帰らずの森へ。

もう一度、本土へ。

そう思えば、スルノカ?に参加するのが楽しみになる。

今回は若い力の躍動を強く強く感じさせられました。

そして、まだまだ、「若い者には負けんゾイ」と思う
気持ちも生まれてきました。

もうちょっとだけ、旅を続けます。

感覚的には「一生、ハイエルフします。」なんですけどね。

また、負けたくない戦いが始まりを告げたようですから。





カクテルドレス、竜飛岬まで持って行きましたが、もう一度封印です。

なぜって?

だってね。これは・・・




ニューヨークでしか、着ないから。





こうして、私の第3回アメリカ横断スルノカ?クイズは終わりました。

旅を終えて、治療を終えて。

再び、帰らずの森に降り立った時。

帰らずの森の家の前で、一人の子がずっと待っていました。


「せんせー、おそーい。ずっと待ってたよー」

今度はこの子を連れて、ひでぽんさんが主催したもう一つの戦いへ
足を踏み入れることになります。

それはまた、後日の講釈・・・です。たぶん。


第3回アメリカ横断スルノカ?クイズ
主催者:ひでぽん
参加者:64名
ペーパー1位:シェール(京都府)
WA:カンタベリー物語
(「バースの女房の物語」や「トーパス卿の物語」などの話を
聖地へ向かう途中の29人の巡礼者たちが順番に語るという形式でつづられる
チョーサー作の作品は何?」)

優勝:タケノコプター(奈良県・東大寺学園高校2年)
準優勝:ポリフォン(奈良県・東大寺学園中学2年)
3位:番長(香川県・社会人)
   シェール(京都府・魔法剣士)
   きっど(大阪府・社会人)
   あるたみ(大阪府・(゜▽、゜))

参加者の方から情報をいただきました。
[PR]
# by banijya | 2006-06-29 03:19 | たびのにっき。
旅は、家から始まる。
家を出るときはこれから始まる大きな旅への期待と、
どういったことが起こるんだろうという不安にさいなまれて
一歩も動けないときがある。

今回はディフェンディングチャンピオンとしての初めての戦い。

襲いかかってくる大きなプレッシャー。


いや、自分でプレッシャーをかけるのはやめよう。
今回も楽しく旅が出来ればそれでいいんだから。

パスポートを握りしめて、京都から新幹線を2本乗り継いで
前日乗り込みをする。目指すはひでぽんさんの地元仙台。

一応、車内で験を担いでずんだもちにも手を出しておく(笑)。

ホテルは勾当台公園から徒歩1分の三井アーバンホテル仙台。
セミダブルベッドが嬉しい。国分町まで徒歩3分という立地
条件もナマナマしくておっけぃ。
ご当地問題も出るんだろうなぁと思いつつ、仙台を少しだけ
散策してからホテルに戻って、そのままベッドへもぐりこむ。

そして、翌朝。

すがすがしい朝の光に照らされて。

戦いの夜が明けた。


<第一次予選 勾当台公園>

まわりの様子をみる。
前回でかなりいろんなものができあがったきっどんがいる。
朝からメーキャップばっちりのさっとんもいる。
そんだけ文庫本を持ってきてどうするんだ、ブックオフでも
売りに行くのか(爆)、さとちゃんもいる。

そしておなじみのメンバー、くげさま、番長さん、thomaさん、
ティーエさん、モトドンせんせ、コサックくん、はっぴーさん、
刃さんといったメンバーもいる。

ツンツン。

突然肩をつつかれる。

振り返ってみてみるとそこにいたのは・・・。


「すいません、シェール先輩。金かしてください(爆)。
仙台のパチンコは釘が辛くて。あとごはんも食べさせて」
とかなんとか言っちゃったりなんかしちゃったりしている(広川太一郎風)
くりすんと、財布の中なんかどうでもいいと言ってるナマモノ(゜▽、゜)
さんがいた。

市大勢、増えてる。
なんかいやな流れだなぁ、と思ってる間にひでぽんさんが登場。

私は今回の第一次予選はガチンコでクイズをやるんだと思っていた。
じゃんけん→愚問→?なのだから、普通で考えれば直球だろう、と。

その予想は的中した。
が・・・。

2問のうち1問でも正解すればOK。

あ、結構気楽に行けそうな気もする。と思って問題をみて
愕然とした。

「第1問
開業から今まで仙台市営地下鉄に乗車したお客様と
同じ数だけニューヨークの自由の女神を積み重ねると
その高さは地球と太陽の平均距離を超える。○か×か?」

「第2問
仙台市太白区八木山にあるベーブルースの銅像は
ニューヨークの自由の女神のある北北東の方角を
向いている。○か×か?」

さすがにそんなとこまでは予習してないぞ、という問題が
2問出てきた。

そしていきなりバスに乗せられ、会場のフルキャスト宮城へ。

バスの車内ではみんな、ぶつぶつぶつぶつ計算したり、
資料を引っ張り出したりしている。

私は学者らしく、昔の講義ノートを必死に脳内でひもといていた。

交通経済学、たしかその授業で大阪市営地下鉄の
一日の乗客数が228万人。仙台市営地下鉄の規模からいって、
まぁ、これの10分の1の20万人ぐらいだとしても、
開業したのが何年かは知らないけど、自由の女神の高さ97mから
いって1日あたり、約20000000m=2万km。
あっさりと地球と太陽の平均距離なんてこえるんじゃないか、
と思ったので1問目は○。

2問目に関してはそんなに悩まなかった。
もし仮に北北東の方角を向いているとしたら偶然にも
ほどがある。こっちは×なんだろうなぁと。


フルキャスト宮城にバスが到着。

ここで一人、私だけはみんなと離れる。
そして一人控え室でメイクアップ。
久々に白いマントにグリーンのカクテルドレス。
あのニューヨーク決戦以来の勝負服に身を包んだ。

ニューヨークのあの風景は今でも鮮明に思い出せる。
もう一度、あの舞台へ。

グリーンのオープンカーに乗せられ、なぜかグラウンド1周の刑。
手には前回大会で勝ち取った優勝旗。

「第一回アメリカ横断スルノカ?クイズ優勝 青杜」の次には
「第二回アメリカ横断スルノカ?クイズ優勝 シェール」の布が
ぱたぱたと風になびいていた。

舞台壇上にあがり、ひでぽんさんと軽めのトーク。
ボケはかなりとっさにいっぱい出てきた(w

そして○へ移動。

×の方に市大勢二人が見えた。
まぁ、あの二人は○×が異常に弱いから離れたのは好都合。
と、勝手に解釈してみる。

で、1問目の結果。









・・・・・_| ̄|○

やっぱり計算問題苦手だ。
仙台の地下鉄を甘く見ていた。

2問目。

×へ移動。

今度は○の方に居座ったメンバーの中にくげさまや
モトドンせんせの姿を確認する。

結果は・・・ヽ(^∇^)ノ
ほんと首の皮一枚でつながった。

敗者復活の様子は知らない。

とりあえず、一歩目は踏み出せた。



<第二次予選 仙台空港>


いろんなやりとりがあったけど、とりあえずじゃんけん。

私の相手は・・・。
ルックスくんだった(苦笑)。

他の対戦はきっどん・さっとんのつぶし合いとか、
刃さんvsさとちゃんとか、まぁ各所で見所満載のようだった。

さてさてこちら。
ルックスくん相手の「クイズ」ならまだしもじゃんけん。
クイズでも、最近私は若い子にこてんぱんにやられるケースが
出てきているので、軽く運試し。
正直、負けるならここだなとか思っていたりした(w

それがなぜか、3-1で勝てた。
チョキを出しまくったのが勝因。

ここでさっとん、刃さんなど名うてのメンバーが脱落。
じゃんけんは水物。ほんと運だけ。きびしいもんだ。
で、敗者復活でなぜか運のない、くりすん復活。

ではここで展開された市大勢二人のシンクロをノーカットでご紹介。

シェール「あ、くりすん敗者復活で帰ってきた」
あるたみ「じゃあ、いつもの。せーの」
二人「くりすん帰れ!(゜▽、゜)」
くりすん「また分かりやすい(^^;)」


これと同じ状況が某第2回うそくさいオープンでも展開されたことは
言うまでもない。




<第1チェックポイント 仙台空港→グァム。>

機内で乾杯。乾杯の音頭はきっどん。
とりあえずシェールはオレンジジュースで乾杯。
呑んだら酔うからね(゜▽、゜)

機内食。
はりきって2セット食べてしまったので激しい眠気におそわれる(w
でも眠気に襲われただけでペーパーの成績に
反映されるかどうかは疑問。
正直な話・・・、自信のあるときしか3は挙げない、
という作戦がびしばし決まってなんとペーパートップ。

びっくり。

でもね。正直なことを言うと・・・・。

簡単だなぁとか思って解いてました(爆)。
問題相性ってありますね(にやにや)。
3択には作成者の性格が出ますからね。
なれてくると、ああ、ここではあえてこういう
選択肢の作り方をしたんだな、
とまで見えてくるものです。

ここでくりすんとwaさんがダブルで消えていきました。
さらにティーエさんまで。

いやはや。問題相性って大事だ。

くりすんのような理系キャラには絶対に相性が合わないだろうし、
ティーエさんのような世界史専攻にも傾向はあわなかったんでしょうねぇ。

というか、時事はチェックしましょう。
(時事しかチェックせずに、ペーパーに挑んだヽ(  ̄▽ ̄)ノ がここに)




<第2チェックポイント グァム>

「まぁ、どうせ泥なんでしょ?」
これがみんなの合い言葉。

ところが出てきたのは団体戦一問多答泥仕合クイズ。
旅の荷物の重さでチームが決定の7人一組。
チーム戦はやはり問題傾向というよりはタイミングで決まる。
躊躇だけはしないように、と思って横のメンバーを確認。

thomaさん・さとちゃんさん・番長さん・あんどぅさん
ポリフォンさん・あいたんさん、そして私。

勝手知ったるthomaさん(どうでしょうカルト王)と、
番長さん(夜のクイズ王)は
さておいて、あとは若手メンバーがそろったなぁ、という印象。

ということは必然的にシェールが考えることと言えば・・・

「解答権とれたとしても、間違いなく答える順番は
6番目かラストだ_| ̄|○」。

指の遅いシェールにとってはこういう若手主体の
メンバーは逆にきびしいのです。
特に、ポリフォンくんなんかは大概速いですからね。
(SAKUGE2005参照)

とりあえず、(゜▽、゜)せんせの10gという荷物は無視(w

1問目、我がウルルンチームはあっさりと最下位(爆)。
ここは結果的に4番手だったかさいさんでSTOPしてしまわれたので
命拾い。(7福神で一番マイナーなのは福禄寿だと思う私)
きっどんも言ってましたが、泥の数の多さに四苦八苦。
おかしいなぁ、数を数えるのは得意のはずなのになぁ、
と思いながら仕切り直す。

2問目、我がウルルンチームはやっぱり最下位(爆)。
そしてなんとここはあっさりと晩ご飯チームに1抜けを決められる。
中日本高速道路で東京とかいう発想はなかったなぁ。おみごと。

3問目、相手の鉄下駄のせいで初めて解答権が回ってくる。
ところが、問題がコレ。

「今年10月31日まで、2005年のオリコン週間シングルチャートで
1位を獲得したアーティストは23組おります。
そのうちの7組をあげてください。」

豪快に「シングル」という文字を読み飛ばしていて、_| ̄|○


一気に追い込まれました。

4問目、今度は相手に解答権を奪われ、なんと6人目まで正解。
正直、「ああ、終わったなぁ・・・」と思っていたら不正解音。

気合いを入れた5問目、タッチの差でthomaさんが解答権奪取。

「問題
将棋の7大タイトルをすべてあげてもらいましょう!!」

thoma:めいじん
ピンポンピンポン!!
あんどぅ:竜王
ピンポンピンポン!!
番長:棋聖
ピンポンピンポン!!
ポリフォン:王座
ピンポンピンポン!!
さとちゃん:王位
ピンポンピンポン!!

ここで私の番。私はここまですべてマニアックな順に書いていく
という作戦をとっていたので、それを受けての6番手で功を奏した形に。

シェール:棋王
ピンポンピンポン!!

そして…
あいたん:王将せん
ピンポンピンポンピンポンピンポン!!
ひでぽん:抜けた~~!!見事7冠達成~!!

みんなで泥の中、へたりこんでしまいましたとさ。
緑の泥、赤の泥、もう見たくないです。

といったら第4回でもあるんだろうなぁ_| ̄|○


ここで5人去っていきました。


ネットウルトラでも、別れはやっぱりつらいもの。
背負うものがあって、人は強くなれる。

そんな感じのグァムでした。


<第3チェックポイント・・・グァム?>


その日の夜。
無事にグァムを突破した「年長組メンバー」で豪快な酒盛りを展開(w

メンバーはきっどん、番長さん、(゜▽、゜)さん、
thomaさん、そして私の5人。この5人で語り合ったテーマは
「なぜくりすんはモスコミュールしか飲まないのか?」
「ティーエさんの祝電はどうする?」
「鰺ヶ沢を独立させるために必要な国会議員は15人で足りるか?」
などなど。

そして、午前1時ぐらいに解散。



午前3時ぐらい。

コンコンコン…。

どうやら午前2時ぐらいにも司会のひでぽんさんは来てくれたらしいが
全く起きられなかった(w

そして眠い目をこすりながらやったペーパーテスト。

激しく文字が消えていた(w←お酒に酔ったせいだけではないらしい。


でも、まぁ、深読みするまでもないか。

グァムを統治、とでも読めたら「スペイン」ってわかるし、
グァムから帰国も「小野田/横井」なら横井さんでしょ、ってな
具合で後半からは適当に読み飛ばしながら(ぉい)やりました。


そして、午前4時にまた起こされる(爆)。

きょろきょろ見回しているとなめくじネコちゃんがいない。


というわけで、近年まれに見るぐらい静かに万歳三唱して(w出発。

グァム国際空港に向かうバスの中でみんな・・・目が腫れてました。



飛行機に乗せられるときもアイマスク着用。
もはや、電波少年のない今、アイマスクが
もっとも使われる環境ですね(^∇^)。

アイマスクをつけていても、音声は聞こえます。
えーっとなになに…?

「本日もコンチネンタル航空をご利用いただきましてありがとうございます。
この便はコンチネンタル航空931便、○○ゆきでございます」

肝心なところだけ伏せられたが、一つ気になることが。
ああ、アナウンスが日本語だなぁ…ってえっΣ( ̄□ ̄;)

ざわざわする一同(w

ぼそっとthomaさんがつぶやく。
「なんか気になるんですよねぇ。行きしなの仙台空港からグァムも確か
コンチネンタル航空だったなぁって。」

そうかぁ、じゃあしっかりとパラシュートで落下させてくれるのは
コンチネンタル航空だったんだ。
(注・この部分はフィクションです(たぶん))

陽気なひでぽんさんがわれわれにアイマスクと入念に
ヘッドホンをかぶせ(w
前の人の肩に手を置いて、グレイシートレイン風に
タラップから降りてくるように指示した。
例によって、耳に流れるのは「おれはジャイアン」。

このノリはおそらく変わらないんだろうなぁ_| ̄|○


降り立ったのは仙台空港。
(゜▽、゜)せんせ、完全読み切り。
thomaさんは脱力感からか_| ̄|○してました。
わかるわかる。京都縦横断とか新潟斜断とかでもあったんだよね(ぉ




<第4チェックポイント 仙台>

特急、ではなくって特別列車スルノカ?号での旅ー(声・滝口順平)。

まずは3問近似値。
ところが全くわからず(w
ヤケになって「80/110/180」と似た数字を3発書いて終了。
こんなことやってて勝ち抜けられる訳もなく、地下鉄乗車のたびー。


「あらあら、ひでぽんさん。河原町で降りてしまっていったい
どこへ行こうというんですかぁー」(声・滝口順平)←しつこい。

サンクスを見たり、秋田銀行に感動したり、さらに
河原町と聞いて「京都」を思い浮かべる関西勢を尻目に
一行は、へこへことあるマンションの一室へ。

ここで初めて「日常の」嫁@敗者の味方さんを発見(゜▽、゜)

ああ、この人がストーブ列車でダンシングするお嫁さんかぁ、と
変に納得したところでここではそのお嫁さんとのインスピレーション
クイズ。

私は、いろんな言葉が出てきて手応えゼロ。よく通過できたなぁと。
(ちなみに、この鬼嫁辞典の解答はまださらされてません。)

ここの豪華な玄関マットにひっかかったのはあんどぅさん。

大泉洋さん風のことばを投げかけて締めておこう。
「いや、こら拉致だよ!誘拐だよ!場合によったら嫁を相手取るよ!」。


再び地下鉄へ。

なぜかあの鬼嫁辞典は3位だったらしく、少々びっくり。
そして始まる、3択&早押し行列クイズ。

こういうクイズの場合は先手必勝。
一発で抜けておかないとあとあとが苦しくなるものです。

「問題
さとう宗幸のヒット曲「青葉城恋歌」の歌いだしにも出てくる、
仙台市内を流れる川は?」

はっぴーさんに押し勝ち、無事に「広瀬川」を正解。ヽ(  ̄▽ ̄)ノ

この歌をイジリー岡田さんのモノマネで覚えたなんて口が裂けても言えないけど(ぉ


このあと、別会場では鼻血を出しつつ、キャッツくげがレオタードを着て
踊りながら、ひでぽんさんの嫁さんのモノマネを披露するという、
「ねぇねぇ、それってどこの3次会?」という展開があったそうです。はい。

さらっと流しておこう(鬼




<第5チェックポイント 折立>

残るは12人。

ここでは早押しダブルチャンスクイズ。

こういう形式の時のいつもの作戦は
「1行目を読んだ瞬間に反応する」ようにする。

というわけで、1問目。
「問題
1861年から1865年にかけて行われた、
奴隷制度問題を発端としたアメリカの内戦は何戦争?」

もうすでに1行目を読んだ段階で答えに行ってました。

で、答えるときに気づく。
「南北戦争」ってことは・・・・。

ルートが2つに分かれる_| ̄|○

1問目正解できたので、迷わず北へ。

鰺ヶ沢に行ってくれてもいいな、という期待半分、
あとはどうでしょうバカとして、東北方面を回りたかったというのも
あって、北へ。

逆に、先に方針を固めておいたら、私を避けたがるメンバーは
勝手にさけていってくれるだろうという甘い期待も少々。

私に続いて北ルートへやってきたのは、thomaさん。

で、先に抜けられる_| ̄|○

ダブルチャンスを2回生かしてきれいにかちぬけ。
というより、2問地元問題をやられる(w

今後気をつけようと心に決めるきっかけとなりました(笑)。

続いて、きっどんは南へ。番長さんは北へ。

このへんから、決勝の相手になってくるメンバーを私の中で想定していた
のですが、南ルートの中から選ぶ、ということで動向は(゜▽、゜)さん
の動きも見つつ、ということになってきました。

二人が抜けた後、ゆったりと「OPEC唯一の南米加盟国(ベネズエラ)」を
正解して4抜け。これであとは残りのメンバーの状況をみることに。

(゜▽、゜)さんは調子があがってこなかったものの何とか最後は南ルートへ。
心の中ではきっどんと潰し合いやるんだろうなぁ、と思ったのはヒミツ。

ここでさとちゃんが脱落。肩車しながら大阪、といいつつ実際は和歌山のはず(ぉ

<後編に続きます>
[PR]
# by banijya | 2006-06-29 03:18 | たびのにっき。

そういう人生もある。

私の教え子のT田くんが、なんと…

More
[PR]
# by banijya | 2006-06-14 11:51 | 日常よもやま話

なんとか。

PC復旧しました。

いやはや、厳しい戦いでした。

今もって、どうやって復旧させたのか不明なぐらいです。


まずは、へこへこと直してくれたせつなっちこと
Iくんに大感謝♪(いや、ほんとありがたい)

あとは、ゆっくりとメールなどを復旧させたいと
思います。

ちなみに、スカイプとかメッセが全部ぶっとんだ状態
なので、それも逐一直していきたいと思ってます。
[PR]
# by banijya | 2006-06-04 00:56 | 日常よもやま話
やっとこさで作成物から少しだけ解放された
ハイエルフです。

今はへこへことお部屋の片づけをしてまふ。
なぜかというと・・・


新潟方面からの来襲がありそうだから(゜▽、゜)

コスプレ撮影会になるのか対策会になるのかは不明(がっ

最近はこれにはまってます。

わたしのぱそでは相変わらず音が出ないんですけどね。

で、試験に出るどうでしょうの掲示板をみて思ったことは・・・

瑠奈ちゃんとわたしとさっとんはやっぱり別世界の
生き物なんだなぁと思いました(w

だって、あの問題じゃ全国回る気がしません(爆)。

ぼんやりぼんやり。

あと、最近はまっているのがだいさんから教えてもらった
レミュオールの錬金術師

まずいです。マジはまりです。

どれぐらいかというとドラクエ8やメイプルストーリー
の進行がピタリと止まってしまったぐらい(笑)。

というわけでそっちにいそしみます(゜▽、゜)。
[PR]
# by banijya | 2006-04-30 23:11 | ネットクイズよもやま話