ネットクイズ界を縦横無尽に駆け抜けるでぃーどせんせー、と呼ばれてます。最近は上の写真のようにクイズやったり文章書いたりしてます。ページをwoman.exciteに移したいなぁと。コメントはご自由にどうぞ。


by banijya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

明日の希望。

函館1R、7番トーホウラリー叩き三戦目での前進
(いい加減に出遅れるのやめて)。差してこい菊沢隆徳!

函館3R、6番武豊スズカフォイルは人気馬・期待馬と
いうことで過剰人気していると思います。
何とか潰してくれないか、2番横山典マイネルヴァイゼ、
7番松永クロユリジョウ、8番竹之下ノースダンサーズ。

函館10R、外枠6頭馬単BOX。

函館12R、法則を無視して突っ込んでくる藤田チアフルスマイル。
相手はそこから外のウマ全部。

こんな感じで函館競馬当たってるんです。
[PR]
# by banijya | 2004-07-24 21:52 | 競馬よもやま話

函館かっぱぎもーど!

たった今、函館メインの青函ステークスの
確定が出ました。

馬単12710円げっと!

三連複60900円げっと!

ヽ(^∇^)ノ

これでまた一歩鰺ヶ沢に近づいた?(笑)

函館芝1200、かっぱぎもーど進行中!

まだまだ行くよ~(^▽^)
[PR]
# by banijya | 2004-07-24 16:03 | 競馬よもやま話

こんな酷暑の日でも

鰺ヶ沢は雪だそうで(bySAKUさん)(笑)。

今日、奈良の森には夕立があって、ちょっぴり
涼しくなりました。でも、へんてこな虫がいっぱい出てきて
変な気持ちになります。

このでっかいクモはなによぉおおおおおお!
Σ( ̄□ ̄;)_| ̄|○ (o;_ _)o ぱたっ

自然満喫中。(クーラーの中で)

閑話休題。

日テレの夏の風物詩。
24時間テレビ(じゃす様はフジテレビの27時間テレビに目が
行ってるんでしょうけど)の今年のランナーが決まりました。

なんと、杉田かおるさんですΣ( ̄□ ̄;)。

ということは、休憩のたびにビールが一缶ずつ空き(笑)、
ビールのCMソングが応援ソングとしてガンガン流れ(ぉい)、
武田鉄矢さんが応援に駆けつけて、「贈る言葉」の大合唱の中、
泥酔状態の杉田かおるさんが千鳥足でゴールするという展開と予測。

どこで感動したらいいんでしょうか(笑)。

あ、武田鉄矢さんじゃなくて、石立鉄男さんでも
いいんですね、きっと(そういう問題ではない)。

それにしても、
汚れ系崖っぷちタレントが走る企画と化しているのは気のせいでしょうか。

来年は島崎和歌子さんが走るに、20パシフィックフラン(何)。
[PR]
# by banijya | 2004-07-21 15:27 | 日常よもやま話
世界に光を取り戻しました。

ビアンカと。(*ノノ)キャー

私は、SFC版のDQ5を挫折した人間です。
フローラとともにLV60まで冒険してました。
はぐれメタルも仲間にいました。

ところが、いよいよ最終決戦というところでデータが飛びました。

そこから完全にやる気を失い_| ̄|○ もうDQ5はいいんだ・・・
とそれまでに掛けていた時間(約90時間)とともに忘却の彼方に
おいてきたつもりでした。

ところが、先日、祖母の自宅へと里帰りした際に
遊びに来ていたいとこがPS2版のDQ5を貸してくれました。

遙か昔の、忘れかけていた情熱が戻ってきました。
一日でLVを20上昇させたときの記憶が。
何かに取り憑かれたかのように熱中していた日々が。

ただ、年月というものは不思議なものです。

結婚式の日、私は今回、フローラではなく
ビアンカをとっても自然に選んでいました。

なぜか?

今回、PS2版になってSFC版のときよりも明らかに違う点。

「キャラクターとの会話が大増量。」

これで、ビアンカの会話量が格段に増え、純情な乙女心が炸裂。
私のロマンチスト回路が強烈に発動してしまったのです(笑)。
(SFC版DQ3でも「ロマンチスト」になってしまった人です。)
フィールド上でも、何かあるたびに「はなす」コマンドを入力(爆)。
で、またビアンカから絶妙な返しのセリフが飛んでくるのでした。

今回、私が一番感涙してしまったのは、
新婚初夜結婚式当日のこのセリフ。

ビアンカ「○○○○に 選んでもらえたと
      思ったら もう 結婚式だなんて…
      なんだか 展開が 早すぎよね。」
ビアンカ「でも 私 うれしいよ。
      だって ○○○○のこと
      ずっと 大好きだったから。」


多分、この感動は25歳超えて、SFC版体験してる人しか分からない
感動だろうなぁと思ってます(笑)。二つ目の台詞は
SFC版には存在しなかったものですから。

SFC版プレイ当時、「青髪・清楚」というばにじゃ的ストライクゾーンで
フローラを選びました。(某くりすんはこれに「お金持ち」という涙なしには
語れない条件がついていたそうですけど(苦笑))

今回は、「幼なじみを裏切れない」そして、流れに流されてしまう自分
を如実に表す結果となってしまいました。
まぁ、それが一番良かったんだなぁと改めて今、感じています。

こんな私ですから、ビアンカの石化を解いたシーンでも落涙(笑)。
いや、ほんとこういうもので泣けるとは年くったなぁと思いますけど。
プロジェクトXでもどばどば泣けるぐらい、私の精神年齢はかなり
上昇傾向を見せ続けております(⌒▽⌒;)。

そして、タイトルの時刻に、SFC版で果たせなかった最終ボス攻略を
果たしたのでした。息子と娘を馬車に残したまま(笑)、
「私・ビアンカ・ピエール(スライムナイト)・ゴレムス(ゴーレム)」で。

私は、忘れません。

力強く、最終ボスに対して「エルフののみぐすり」を3本呑んで、
メラゾーマを27発(うち、マホカンタで打ち返されて2発自爆(笑))も
打ち込んだビアンカの姿を。(うちのパーティの主力は彼女です)

DQ5、家族三世代物語。十分満足しました。
久々にタブレット買って、CG描きたくなりましたねぇ。
エッチな下着は結局最後まで着させることはありませんでした。
そういう視点で見ることが最後まで出来なかった(*ノノ)キャー。

やっぱり、私はぴゅあなんでしょうか(⌒▽⌒)。

でも、最後に。
息子の名前を「パーン」、娘の名前を「ディード」にする自分のセンス
の無さに落涙(爆)。<泣くな

なお、DQ5を朝からやってたのは編集していた奈良優駿のデータが
飛んでしまったからだとは口が裂けてもいえません。

_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
実況MP3ファイルが壊れた。収録に1日かかったのに(ノ_・。)
[PR]
# by banijya | 2004-07-20 18:54 | 日常よもやま話
では、まずは日曜日のお話から。

でぃーどは朝から仕事で、朗らかに授業(w
ただ、仕事と仕事の間の空き時間がなんと5時間もあります。

そうすると、自然と足は仁川に向いてしまうわけで。

そして、阪神競馬場でピンキッシュに遭遇(爆)。
ピンキッシュさんは今日はピンクのミニスカートという
とんでもない出で立ちでした(笑)。身長180cm以上の
女装ピンキッシュさんに出会うと、とたんに勝率が落ちる(苦笑)
でぃーどなんですが今日は違いました。

実は一週間前に
「函館芝1200は外枠と藤田・よこのりさんしか来ないので
超簡単です(^▽^)」というメールを飛ばし、さらにここのBLOG
でも書いておいたせいで、(それをきっちり読んでいた)
あるたみさんは函館5Rで三連複16240円をげっつ!

でぃーどは8Rの枠連8-8決着となったレースを
馬連17870円、馬単33080円をダブルげっつ!


どうですか、頑張ってるでしょ?(⌒▽⌒)
オースミコスモ祭りは不発でしたけど_| ̄|○

というわけで、再び仕事に戻ったあと、アタック参加日記が全く
進まないT久島せんせを交えて呑んでました(笑)。
そして、二人と別れて大和路線へ。

眠気防止のためにルナチャに入ったところまでは記憶があるのですが、
途中でやっぱり寝てしまい、気が付いたらありえない駅にいました。

一言で言うと・・・「終点」(爆)。

呑みすぎには注意しましょう(笑)。
[PR]
# by banijya | 2004-07-20 14:21 | 競馬よもやま話
先ほど、くげさんの前夜祭大忘年会(チャットクイズ)に
参加してきました。(参加人数は約50人そこそこ)

乾杯の音頭をくりすんが取る、とみせかけて
さくっとくげさんがやるという和気藹々(わきあいあい)と
した中で始まりました。(あそこでボケきれないのがくりすん(w)

1次会のクイズにさぁ、参加しようと思った瞬間に携帯が鳴って
保護者対応の電話に捕まり撃沈_| ̄|○

結局2次会からの参加で、国語の先生らしく、
「幕」「盤」から「銀」をひねりだし、童謡「春よ来い」から
松任谷由実さんをひねりだし、最後の問題に押し勝って
何とか4次会へと駒を進めることが出来ました。

ここでの通過者がじゃす様、でぃーど。、番長さん。

みごとな奈良優駿トリオでございます(笑)。
あと、敗者復活3次会でくりすんが復活してうそくさトリオ完成。
(あっ、いつのまにうそくさトリオに入ったんだろう、私)

さて、4次会。
形式は封鎖型オセロクイズ(簡略しすぎ)。
4セットあったのですが・・・。
1セット目、1問目で封鎖される。_| ̄|○
2セット目、1問目で封鎖される。_| ̄|○ _| ̄|○
3セット目、1問目で封鎖される。_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

私、怖がられてる(*ノノ)キャー。

というわけでカドに座るのをやめて挑んだのですが、
4セット目(最終セット)、くりすんにパーフェクトを決められる。
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ (o;_ _)o ぱたっ

でもね、何か嬉しいんですよね。
そうかぁ、私もそれだけマークされるぐらい
クイズ強くなってきたんだなぁと。(勘違いしてる)
ただ、私は指が尋常じゃなく遅いので早押し苦手なんですけどね。
十分なぐらい、ドミニカのTVガイド大石さんの気持ちを満喫(爆)。

ただ、今日は学ぶべきものが多かったなぁと。

司会者くげさんは「慣れも、プレイヤーの力も大きいですよ」との
ことば通り、ほぼ完璧なMCぶりを発揮されていたし、
決勝に進んだ、じゃす様、くりすん、番長さん、トーマさんは
それぞれ4者4様の力のがっぷり四つをみせてくれたと思います。
まぁ、それぞれの個性が発揮された(特にじゃす様、くりすんは)と
思います。これ以上ないぐらいに(笑)。
じゃす様の勝因は料理問題二問を確実に拾ったこと。
そしてくりすんの敗因はいつもどおり暴走して自滅したこと。
その二点に尽きるでしょうね。
番長さん、トーマさんはやはり、二人のペースに最後まで
翻弄されて、自分たちのペースでのクイズが出来なかったことが
結果に出てしまったかもしれません。

さてさて。
チャットクイズの主催、って並大抵のことではないんですよね。
もちろん、くげさんも紆余曲折あって、今のマスタリングまで
来られたのでしょうし、激しい批判も浴びてこられたと思います。
ですが、それを正面から受け止めて、改善する強さがあるんですよね。
今回の反省点は、何に置かれているのか少し興味深いところです。
(時間もぴったりでしたし、反省すべき所はほとんどないと思いますが)

チャットクイズ司会という点ではまだまだ青い私からすれば、
「誤答に厳しいルール」は非常に参考になりました( ̄∀ ̄)。
私は守りの押しの人(非ガンガン押し型)なので、バカ押しルール
が大嫌いなのです(主観的意見大炸裂中)。
フリーバッティング感覚での企画参加が一番イヤだという人なので。

さてさて、気になった点を少々。
今回は準決勝(3次会)まで残れたので決勝をぼんやりと見ていた
のですが、商品がかかっていたせいもあって、若干おかしな応援に
なっていた人もいたと思います。具体的に言うと、「○○間違えろ」や
自分が投票した人の一挙手一投足に対して過剰な反応をしていたり
といったものです。まぁ、このへんは仕方ないのかもしれませんが、
私の(主観的な)意見は(--;)です。
もうちょっと冷静なものの見方は出来ないのか?と思ったりもしました。
(注・でぃーどは酒が進むと論理的に物事を考え出します)
かといって、ナイショでそれを指摘するのもどうかと思いました。
ここらへん、難しいですねぇ。やっぱり言うべきだったのかなぁと後悔。

くりすんに対しての「ぼかぼかぼか」はいつまでたっても誤答ペナが
きついルールに対応できない彼への私からの愛のムチです(笑)。
だから私の企画でマシュマロいっぱい食うことになるんだよ(何

若干話が脱線しましたが(「さらりとした梅酒」のせいです(笑))、
とにもかくにも、じゃす様優勝おめでとう♪
そしてくげさん、お疲れさま♪いいもの、見せてもらいました。

チャットクイズ、まだまだ捨てたものじゃないよね。
と(くげさんのように)いえるマスタリングが出来る日はまだまだ
遠いでしょうが、ちょっとだけ前向きにいろいろ考えていこうと
思っています。エロ方面だけじゃなくって(*ノノ)キャー。

さっき、ハードディスクから春麗のコス写真が出てきて悶絶した
でぃーどさんでした。誰のコス写真でしょうねぇ(⌒▽⌒;)。
[PR]
# by banijya | 2004-07-17 01:08 | ネットクイズよもやま話
函館競馬しか当たらないでぃーどさんです(笑)。

ええっとですねぇ、函館の芝1200が楽しいぐらい
ばっこんばっこん馬単万馬券で当たっています。

外枠の馬を単純にBOXで買っているだけだとは
口が裂けてもいえませんが(でも書ける(笑))。

今週は北九州記念。
サンライズシャークって小倉で8戦6連対なんですねぇ。
(あんまり人気になるようなら買いたくないけど)

やっぱりオースミコスモちゃんから総流しの方向で(何)。

新潟はよく分からないから1週目は見学の方向で。
[PR]
# by banijya | 2004-07-15 20:39 | 競馬よもやま話

情熱が冷めていく瞬間。

先日、夜のクイズ王決定戦というチャットクイズを企画し、
実行しました。現在、編集は途中の段階です。
(奈良優駿を先にやりはじめています)
逆に、なかなか進められないというのが本音かもしれません。

チャットクイズというものを舞台にして、
その前の週にあったコサコムさんの
ルナチャクイズ王をベースに(参考に)しつつ、
自分なりに仕上げたつもりでした。

ただ、自分なりに、というものは
結局自己満足でしかならないわけで。

チャット中に、どんどん激しくなる批判。
(というよりそれぞれが勝手に
自分の方向性を主張し始める状況)
不快さを明言されて、気分のいい企画者がどこにいるでしょうか。
それでも全25問、必死で作った問題だったのです。

いったい、みなさんは、あのとき、
どんなものを求めていたのでしょうか。

「クイズ企画に参加することだけに、満足してはいませんか?」

チャットとはいえ、ネット上という公共の場において、
あのようなエロ系企画をすることですら、
本来は慎むべきことかもしれませんが、時間と手間をかけた
問題群が1行バカ押しでどんどん消えていくのを
指をくわえてみているしかないという想いは、
どれだけの人が分かってくれるんでしょうか。

司会や企画を途中で投げ出していいのなら、
投げ出していたかもしれません。

でもあのときは、本当にたくさんのみなさん(最大で50人以上)が、
見てくださっていました。PCスペック的に周りを顧みる余裕は、
司会者の私には全くありませんでした。
みなさんの期待が大きかった分、
みなさんの失望も大きかったのでしょうか。
(もっと汚れた答えを言いたかったのでしょうか。
そこまでの問題はさすがに作りたくないです。
あれが私の(ネット上での)限界です。閉鎖空間じゃないのですから)

そして、チャットクイズの司会の立場に回って、
私は初めて分かったことがあります。

「司会者の苦労を理解する人は、ほとんどいない」ということを。

これが夜クイの現実でした。はっきり言います。

司会者は企画立案の時点での自己満足の壁を、
参加者は企画参加の時点での自己満足の壁を、
それぞれ乗り越えられません。

だからこそ、私ははっきりと言います。
「自己満足を超えるものは(なかなか)できない」と。
やりたいことをやるのが企画なら、なおのこと
それは自己満足から抜け出せないということを意味します。
自己満足にとらわれない企画は、義務感以外のなにもの
でもありません。それに情熱がかけられるでしょうか。
それは参加者側の勝手な願望に過ぎません。
(私は参加したいから、企画やって、というものですから)
とはいえ、自己満足だけで全てが満たされるとは
(SAKUさんもおっしゃってますが)私も思いませんけどね。
勝敗以外の対立軸をなかなか見いだせないというものも
ありますから。←これに関してはあるたみさんの
「SMASH」コラムを参照。良くできた企画だと思いますよ。

今の段階で、もう一度(あの形式でなくても)夜クイをやりたい、
チャットクイズを主催したいとは、思ってはいません。
(冬にもう一度、という思いも白紙に戻しました。
いや、何て言うんでしょう。バーンアウトという状況が適合するかも)
でも、時間をかけて作った様々なものを否定する気は
私には一切ありません。自分なりに達成感はあったのです。
(アシスタントの二人の存在もありがたかったですし)
もちろん司会者としての反省はここに書けないぐらい
たくさんあります。ルールにも問題はあったでしょうし、
甘さは様々な側面であったでしょうし、さらに、
ネット初企画ということにとまどいもありました。

ただ、あの企画中に自分が作った問題を
どんどん否定されているように思えた瞬間があった、
そして私自身をも否定される瞬間が存在していたということは
忘れないでほしいと思っています。

追記。
夜クイの動画関係のものの製作意図として、
OPは一発の笑いのために、
パドック・スターターはGO.Yさんとくげさんに対する感謝として、
EDは凹んでいたらっとんと、ルナチャメンバーに捧げるため、
というものがありました。

夜クイだけではありません。
チャットクイズ全体に対して、このような現状が個々に存在
しているように思えます。少なくともログを見返して、司会者を_| ̄|○ と
させる状況はなくしてほしいと(反面教師的に)思うわけです。

司会者として、もう一度企画をやってみたい。

そう思わせる企画者-参加者の関係が作れない限り、
チャットクイズはどんどん廃れていくと思います。
ただ、勘違いしてもらいたくないのは企画者として、
肯定的な評価を単純に求めているというものではなく、
参加者側が自分のイメージに合わない企画・問題を全て否定する、
というのは企画者の世界観を楽しもうとしない、という
横暴に過ぎないのだとすら思えることなのです。
(企画者は神、という原則からすればなおさらかもしれません。)

と、思ってしまう私って、甘いんでしょうかねぇ・・・。
[PR]
# by banijya | 2004-07-15 03:38 | ネットクイズよもやま話
BLOG始めてしまいました(*ノノ)キャー。

とりあえず、心に据えかねることもいろいろ出てきたので
思いのたけをたっぷりとぶつけるつもりでいます。

クイズもですし、まぁそれ以外にもいろいろと。

ばにじゃニュースは毎日いろいろ調べてる時間がなくって
投げ出してしまいました。こっちは自分のペースで
いろいろとやって行きたいと思っています。
[PR]
# by banijya | 2004-07-14 00:54 | 日常よもやま話