ネットクイズ界を縦横無尽に駆け抜けるでぃーどせんせー、と呼ばれてます。最近は上の写真のようにクイズやったり文章書いたりしてます。ページをwoman.exciteに移したいなぁと。コメントはご自由にどうぞ。


by banijya
カレンダー

<   2004年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ひさびさにバベボの掲示板見てたんで、
ちょっと以前言ってたものを書き進めておくことにします。

「3.終了時刻の目安」について。

正直、これが今の私の「参加/不参加」の境界線に
なっている部分はあります。チャットクイズに限定された話に
なりますが、翌日にも仕事が存在する職業を選んでしまっている以上、
これはとても大切なことだと思います。
(遅刻は出来ない。寝過ごせない)
でもこれは主催者側のさじ加減一つでどうにでもなる、
というのはあると思います。
私自身の経験からすれば、「~○○時○○分まで」って
書いてあるのなら、最後までは参加して欲しいなぁと
思ってしまうのですが、これは「主催者」としてのわがままに
なってしまうのでしょうね、きっと。
お願いですから、まもってくださいな。
そして、最後までいてくださいな。
夜クイラストの奈良優駿は結構、さみしかったです(苦笑)。

「4.内輪の許される限界」
ばべぼの掲示板見てる限り、これの許される範囲はバラバラ
なんですよね。これは純粋に「クイズ」を「楽しむのか」、それとも
「チャット」を楽しむのかの範囲が人によってまちまちだから
に依拠してると思うんですよ。
ここで、nighterさんや水瀬さんが書くように
「クイズ中ぐらいネタを言うのはがまんしろ」というやや「強硬的」な姿勢も
あり、だとは思います。でも、正直な話。それは司会者の世界観に
「全て」沿っていると言えるのでしょうか。そこまで「企画書」に込めなけ
ればならない、というところまで、ネットクイズ界はきているのでしょうか。
私の結論は「コミュニケーション重視なら、多少の発言は許されないと
いけないが、ネタを多用するひとに対してだけ目くじらを立てる
向きはおかしい」です。極端な話、クイズだけを楽しむんだったら、
そういうゲームで「一人で」遊んでいたらいいわけです。
そういう文脈において、チャットクイズが存在する意義は「周囲との
コミュニケーションが生まれる可能性があるから」だと思います。
コミュニケーションをとるために、「ネタ」を出している、それがその人の
選んだ「手段」なのだとしたら、それは受け入れるだけの寛容さを
持たなければならないかと考えています。(まぁ、おしつけがましいのは
確かにいやですけどね。そういう心理的側面を抜きにしても正解・
不正解に対する反応や、軽めのコメントはあってしかるべきだと思います)
人に対して、自分のことしかしゃべってない、っていう風にしか
とらえないのはますます初心者を排除する方向にベクトルが向きますし、
裏面的に内輪化の傾向をますます強めていくと思われます。
チャット内で自分の色を出そうとしてるのなら、それを優しく見守るべき
でしょうし(若い人ほど顕著。2ちゃんだったら「厨房」とか言って
非難される対象なのかもしれませんが、みなさん大人になりましょう。)、
それがキャラクター化したら(本人がいやがらないのなら)、積極的に
使っていってあげるべきかなぁと。
(例えば、じゃすみい店長やくりすんの「うそくさい」、じゅにちんさんの
(^▽^)、いつの間にか浸透してしまったでぃーどのヽ(  ̄▽ ̄)ノとか)
それが、内輪になりすぎないようにする。
……って言うのが次のお題でしたね(笑)。

内輪ネタの誘導。
司会者って、「全ての参加者にスポットライトを当てるのが仕事」だと
私は思っています。<福留さんの影響からか何かは分かりませんけど。
その手段としてなら、私はありだと思うんですよ。
早押しクイズなど、あまり押せない(答えられない)展開になっている
人がいるなら励ます意味でもなおさら必要なはずです。
そして、仲間うちの場合。
内輪だけでしゃべる展開ってどうしてもあると思います。
これはきっと避けられません。周りが付いていけない状況は
どんな時でも起こるはずです。それにまで周りがいちいち指摘などを
していると、何時間あっても企画が終わりません。
(くげさんの初期のチャットクイズってとんでもない時間かかってた、
って話を確か聞いたことがあるような・・・)

だからこそ、「流す勇気」が必要だと思います。
司会者は
内輪ネタを「流す(相手を励ます/参加者の会話を斬る=出題)」
感覚での企画運営を。
参加者は内輪ネタを
「流す(心で笑う/奮起の起点にする/次の問題に備える)」
という感覚での企画参加を。
新規参入者はきっと内輪ネタを
「流す(理解しない/気にしない/クイズに集中)」
という感覚でとらえているはずなのですから。
(→でも、私自身、この考え方は少し都合のいい考えだとは自覚してます)

それぞれ、
その立場立場に応じても
場面を変えてもそれらの境界線は曖昧であっていいと思っています。
ただ、それがその場面に応じてうまく演じきれるのであれば。
(役者みたいなこと言ってますね。でも、場面に応じて適材適所に
動けないと(発言できないと)だめだと思ってます。それこそが
ことばのキャッチボール(@小森まなみさん)、チャットなのですから)

もちろん、公正な立場で司会者は企画運営もできます。
でも、私は浪花節的かもしれませんが、「一問に笑い、一問に泣く」
クイズを演出するのなら、軽めの感情移入があって
しかるべきだと考えています。
それが、NPCを相手としていない「人間相手の」「チャットクイズ」の姿
だと信じているのです。
冷たい司会って、クイズを続けようとする気力も失われてしまうような
気がするのは私だけでしょうか?(ばべぼ見てるとそういうディレクション
を望んでいる方が多いような気がしますが。わたしって甘い?)
少なくとも「おもしろさ/楽しさ」を感じられないような気がするんですよね。
クイズに強かったら、そういうものでも楽しいのかも知れませんけど、
チャットクイズの主体ともいうべき、早押しクイズにめっぽう弱い私
(指がとにかく遅い)にはまだ、その感覚は到底理解できません。

私の理想は児玉清さん風に「立ってしまわれた/他の方もがんばる」
などなど励まし・解説を言いつつ司会するパターンと、福留功男さん風に
ユーモアたっぷりに世界を演出するパターンの合成です。

だから主体性がないのかなぁ_| ̄|○ 。

難しいです。明日また、まとまったらちょっと加筆修正します。

というわけで加筆修正。
じゃすみい店長の日記で書かれてましたのでそれに対するリプライを。
じゃす様が言うようにほんの数十秒、司会者の動きが止まるんですよね。
どうしても、次問の準備や得点計算の管理などで、一人での処理の
限界はあります。その合間を見計らって発言、それがTPOをわきまえて
いるものだったらいいんですけどね。

そうじゃないケースが目立つのだとしたら、やっぱりイヤなんだろうなぁと。
どうなんでしょうねぇ。許容範囲って人それぞれなんで難しいところです。
[PR]
by banijya | 2004-09-30 02:08 | でぃーどん天幕團

いたスト。

観夏さんとこやIzaさんとこで、話題になっているいたストの新作ですが、

でぃーどは「セリス」「ティナ」が出ない限り買いませんから!

残念!(何)
[PR]
by banijya | 2004-09-29 00:31 | 日常よもやま話
というわけでQDJ、撃沈しました。

というより、睡眠時間30分じゃ勝てません(笑)。

今日の結論。健康第一。


追記。そんな状況でも芝1800m以上なら力を
発揮できる森のハイエルフぶりは健在でした(笑)。
[PR]
by banijya | 2004-09-25 23:47 | ネットクイズよもやま話
というわけで、気合い入れて
あるたみさんとこの400問ペーパー解いてきました。

一枚15分、と設定はしましたがそれで解いてたら
最終的には終わりであっぷあっぷするので
一枚14分ペースで一気にいきました。

結果は、まぁ、感覚を取り戻せたかなぁと思っています。

競馬の勝負勘も戻れば・・・(何)。
[PR]
by banijya | 2004-09-22 18:10 | ネットクイズよもやま話
まぁ、タイトル通りです。

四国・岡山は予想通り、ラストの4択を
ダブルで外してしまって撃沈。
<ダーツも、投げられなければ意味がない。

中国大会は・・・。
まぁ、しょうがないかなぁといったところですね。
正直、結果見たときはつらかった(正直すぎる感想)。
あみだのルールを理解できなくて、くげさんに聞いたぐらい
でしたし、さらにさらに、1分で大慌てモードなときに、
英語に変換して答えてる余裕が
できなかった自分の負けですわ。
(つくづく思う。時間に追われる系統のクイズに弱いなぁと。
SAKUおねえさまのラトルウもタイムショックでやられたし)
ということをダラダラと敗者掲示板に書くのはなんだかなぁと
思うのでここでさらっと書いておきます。

また、くりすんが抜けてるっていうのが
何とも言えない気持ちにさせてくれますねぇ・・・。
(うそくさいトリオはせんりん・じゃす様・くりすんと全員抜けてるし)

関東大会の奇蹟にかけるしかない、と思ってます。ただし、
骨っぽい人がのきなみ残ってるのが何とも言えませんけどね。

北陸は、モチベーションが回復するのなら参加します。

正直、自分の中でのSAKUGEは終わった、という感じがしました。
ネット予選系で全滅とは、勝負弱いなぁ・・・ほんと。

競馬もここ二週間でありえない金額負けてるんで、何もかも
スランプ気味。ちょっと冷却期間をおきたいですね。
肉体的にも、精神的にも。自分を見つめ直すだけの日々の余裕がほしい。

連日連夜、7時出勤22時前後帰宅の日常がしんどいです_| ̄|○ 。

クイズにかける心の余裕が、回復するまではじっとしてます。

ふぅ。気分転換に、競輪場でも行くか(ぉい)。
[PR]
by banijya | 2004-09-20 21:16 | ネットクイズよもやま話
ナックスのメンバーが29位にランクインヽ( ̄▽ ̄)ノ

29位にランクインしたのはチームナックスのみなさん!とまで紹介されてるし(^▽^)

でも五人動かない映像(静止画)でしたOTL

ナックス(森崎博之さん・大泉洋さん・音尾琢真さん
・安田顕さん・佐藤重幸さん)のメンバーをどれだけ知ってるか。

でぃーどは水曜天幕団を応援してます(終わったって)。
[PR]
by banijya | 2004-09-19 01:18 | 日常よもやま話

昨日は。

SAKUおねえさまのクイズに参加してきました。

シビアなクイズ。

さすがは「おに」と呼ばれることに快感を感じつつある(違)
おねえさまのクイズだけあって、非常にすさまじかったです。

第一ラウンド。
1問不正解即失格ラウンド。

じっくり構えてました。
どうせ、みんな飛ぶんだろうと思って(こっちも鬼発言)。

そしたら、うそくさい二人(じゃす様・くりすん)が早々に
通過、ペーパークイズ王稜藤さん・ひでぽんさんが抜け。
10人通過時、綺麗に押し負けてばっかり_| ̄|○ 。

で、次の11人目の問題を何とか日本史ということで
押し勝って通過を決めたのでした(ほっ)。

市大勢は待ちに待ってあるたみさんが抜け。
最後はコサコムさんが単独問題となって、無事に通過。

第二ラウンド。
チーム対抗クイズミリオーネア。
じゃす様・くりすん・あるたみさん・ひでぽんさんと綺麗に
向こうに行ってしまったけど、こっちは句読点コンビの
土屋。さん(さっと。さん)や、稜藤さん、くげさん、きっどさん、
(T)さんに、ラス抜けのコサコムさんなど、ルナチャ勢がたっぷり
で貫禄十分なチームでした。

でぃーどは快調にクリア。
そして「egg plant」は何?って問題でドロップアウト_| ̄|○ (w

ところが最終結果見てびっくり。
一抜けpicogramさん、稜藤さん、土屋さん、そして
「今日は何曜日?」っていう一問目で撃沈したきっどさんが
なんとポイント獲得ならずΣ( ̄□ ̄;)。
ポイントゲッターはナカノヒロシさん、(T)さん、でぃーど。
コサコムさん、thomaさん、くげさんでBチームのお株を
奪ううそくさく平均1点差で勝ち抜け(w

敗者復活のシャオさんをくわえて、
いよいよ準決勝。
ルールには「イ○イ○ロボ」とか書いてあったので
「イボイボロボ」とか「IzaIzaロボ」とかもうみんなで言いたい放題(w

で、出てきたのは岩田久美ならぬ岩佐久美せんせ。
この瞬間、きっどさん・くげさん心の中でガッツポーズ(笑)。
でぃーどは撃沈モード(w

予想通りダイイングメッセージが解けずにここで敗退。
(いいとこまでは行ってたんだけどなぁ・・・)
気になる人はここでごらんくだーたい。

最後は決勝、くげさんときっどさんのノルマポイントクイズ。
結果、決勝1ラウンドでくげさん、ノルマ未達成敗退。
決勝2ラウンドできっどさん、誤答敗退。

というわけで、優勝者はSAKUおねえさま(ぉい)。


SAKUおねえさまは諸般の事情で年内いっぱいでネット界を
去ってしまうそうですが、こちらとしては、
最後まで楽しませてもらう所存ですにゃ。
9月企画、面白かったですねぇ。
岩佐せんせに勝てなかったのは悔しいけど、これもクイズです。
SAKUGE2004の全国大会では決してやって欲しくない企画ですけど(w

でも今回の企画で痛感したことは、SAKUおねえさまはやはり「悪」で(w
じゃあ、次は「さくっ」で短文早押し大会でもやりましょう(マテ)。

そして、企画が終了した25時頃。
SAKUおねえさまのチャットを借りて、クーリングダウンと称して、
くりすん・シャオさん・でぃーどのフリーバッティング大会♪

特にでぃーどにいたっては恐怖の「十三」ルール(w
結果、シャオさんが今年、初のタイトルを獲得(⌒▽⌒)

そして、先ほどルナアカの一回戦を見てきました<キャラで。
勝ったヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

決勝二回戦は・・・・Σ( ̄□ ̄;)稜藤さん相手だ_| ̄|○

しかも早押しかぁ・・・。全力出さないと勝てないぞ・・・(悩)。
ペーパークイズ王に全力でぶつかろうと思います。

以上、昨日から今日にかけてのでぃーどでした。

追伸。
あるたみさんは今東京です。カタン全国大会かなぁ?(謎)
[PR]
by banijya | 2004-09-18 21:36 | ネットクイズよもやま話

昨日から今日で。

カウンターが一気に50ぐらいまわってます(⌒▽⌒;)。

すごいですねぇ。なんでだろ?

えっと、昨日の話を続けましょうか。

私が「四人一組」にこだわったのは、
そういう家族形態ってもうかなり限定的になるのではないか?
ってことなんです。

募集要項みてると
「父・母・子ども、それ以上は応援団として参加可。」
なんですよね。じいちゃんばあちゃん・おじさんおばさん・
兄・姉(の夫・嫁)などなどまで総動員でひっくるめた
「しあわせ家族計画」の時みたいな、
「夢(=商品)」の大きさも感じられず、4人限定の
しょせんは「他人の一家のゲーム」にどれだけのひとが
感情移入してくれるんだろうかと思ってしまうんです。

ただ、そういうクイズも一つの形態として認めなければならない
という気持ちもわたしの中では存在しています。
視聴率はまぁ、局が考えることですから。

うすっぺらいバラエティーにならないように期待したいものです。
何せ、水曜7時台。
TBS系列ではかつての「MOVE(ムーヴ)」枠で最も早く
終わった枠なのですから。(思い出すな)

あれ・・・その時の司会って確か三宅裕司さんだったような・・・?

ま、いっか(思考停止)。
[PR]
by banijya | 2004-09-16 22:28 | クイズよもやま話
MBS毎日放送で新しいクイズ番組が始まるそうです。

ある意味で視聴者参加番組ともいえると思います。
タイトルは「クイズ!家族でGO!!」
(タイトルにツッコミはいれません)

あれ?
三年前にあった「豪州大陸縦断5000キロ 冒険家族クイズ2001」
とコンセプトあんまり変わらないんじゃないかなぁ・・?
(ちなみにオーストラリア大陸は縦断すると3200kmです
(どうでしょう調べ)。うんちく王上田晋也さん風に読むこと)

司会は三宅裕司さん。
関西発の番組にもかかわらず、東京色の強い
MCを持ってくることにより、全国発信の形になりそうです。

と、ここまで書いて気付きました。
申し込みの宛先が東京になってる。

結局は東京製作の番組になるんですねぇ。
関西発になるんだったら、加山雄三さんにめちゃめちゃ
やってくれることを期待したのに。(コラ)

この番組は「家族の「常識度」と「絆」をクイズで診断、
通信簿をつけてしまおう!」がコンセプトだそうです。
じゃあ、寄せ集め芸能人一家ともいうべき、
加山家(加山雄三さん・萬田久子さん・キングコングなど)に負ける
一家は家族の常識も絆もないということを
天下に知らしめる形になると思います。

募集要項見る限り、商品の豪華さも何もないので、
みんな敬遠するんじゃないのかなぁ・・・。
「しあわせ家族計画」の末期と同じように。

と、厳しめのコメントが並びましたが、それも
タイトルに書いたことが全てなのです。

さぁ、誰かトラックバックで意見書いてくれないかなぁ。
[PR]
by banijya | 2004-09-15 14:09 | クイズよもやま話
というわけで先走って書いてしまおう(w

昨日はじゃす様・くりすんとともにごはんたべてきました。
ごはん前にじゃす様に車で迎えにきてもらって、しばし歓談。
くりすんと合流後は、じゃす様とくりすんから交互に
某せんりんが作った500問ペーパーを
タイムショック風に読まれて、即座にでぃーどが口頭で
解いていくという過酷なものを体験(笑)
(かくいうでぃーどは大学時代「あにじゃ杯」という企画を
行い、その中で600問ペーパーをしたことがあります(笑)。
単純に一番最後の問題が出したかっただけなんだけど。
ただ、ラスト200問はとんでもない学生風クイズを並べていたので
それは削除してアップしてますけどね)

ごはん。
今回は「くりすんとでぃーどさんがいるんだったらここしかないでしょう」
というじゃす様のナビゲートにより、王将・若江岩田店へ(笑)。

そこで見つけたのが「ますおか丼」(笑)。

また、そんなのを狙ったわけでもないのに見つけてしまうあたりが
この三人のうそくささ真骨頂。
値段は545円(おそらく545キロバトルにひっかけてある)。
わたしは堺の浜寺のほうの王将にしかない、と思っていたので
ちょっとうれしかった(笑)。

じゃす様は「くりすんも、でぃーどさんも頼むんでしょ?なんかそれに
併せるのはいやだなぁ(苦笑)」って言っておきながら
注文をとりにきたおねぇさんに対して
でぃーど「ますおか丼一つ」くりすん「ぼくも一つ」
でぃーど・くりすん「(¬_¬)>じゃす様」
じゃす様「ぼくも一つ_| ̄|○ 」
じゃす様、視線に完敗(笑)。

ちなみに、正確には注文はこんな感じでした。
でぃーど「チャーシューメンとますおか丼」
くりすん「ラーメンとますおか丼」
じゃす様「ますおか丼」
でぃーど・くりすん「そして餃子四人前」(爆)

全部食べ終わったあとは、「今日はこのへんにしといたろ」
という感覚でした(笑)。<ちなみに王将の1時間前にでぃーどは
パンを三つ食べていた(ぉい)

ますおか丼は「チャーハンに麻婆豆腐がくっついているもの」
という感じです。くりすんは「この二つは合うねぇ(満足)」と
言ってました。でぃーどにはちょっと麻婆豆腐がからかった(w
藤村大魔神なみに甘い物ばっかり食ってるわけじゃないのに(苦笑)。

家に帰ってきて検索してみると
ますだおかだの岡田さんが一言。
「ますおか丼?味も空回り」って。

・・・・・・・・・・_| ̄|○

そんな岡田さんに、でぃーどから一言。
オリックス、3季連続で最下位(殺し文句)。
[PR]
by banijya | 2004-09-15 13:24 | 日常よもやま話