ネットクイズ界を縦横無尽に駆け抜けるでぃーどせんせー、と呼ばれてます。最近は上の写真のようにクイズやったり文章書いたりしてます。ページをwoman.exciteに移したいなぁと。コメントはご自由にどうぞ。


by banijya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2004年 07月 20日 ( 2 )

世界に光を取り戻しました。

ビアンカと。(*ノノ)キャー

私は、SFC版のDQ5を挫折した人間です。
フローラとともにLV60まで冒険してました。
はぐれメタルも仲間にいました。

ところが、いよいよ最終決戦というところでデータが飛びました。

そこから完全にやる気を失い_| ̄|○ もうDQ5はいいんだ・・・
とそれまでに掛けていた時間(約90時間)とともに忘却の彼方に
おいてきたつもりでした。

ところが、先日、祖母の自宅へと里帰りした際に
遊びに来ていたいとこがPS2版のDQ5を貸してくれました。

遙か昔の、忘れかけていた情熱が戻ってきました。
一日でLVを20上昇させたときの記憶が。
何かに取り憑かれたかのように熱中していた日々が。

ただ、年月というものは不思議なものです。

結婚式の日、私は今回、フローラではなく
ビアンカをとっても自然に選んでいました。

なぜか?

今回、PS2版になってSFC版のときよりも明らかに違う点。

「キャラクターとの会話が大増量。」

これで、ビアンカの会話量が格段に増え、純情な乙女心が炸裂。
私のロマンチスト回路が強烈に発動してしまったのです(笑)。
(SFC版DQ3でも「ロマンチスト」になってしまった人です。)
フィールド上でも、何かあるたびに「はなす」コマンドを入力(爆)。
で、またビアンカから絶妙な返しのセリフが飛んでくるのでした。

今回、私が一番感涙してしまったのは、
新婚初夜結婚式当日のこのセリフ。

ビアンカ「○○○○に 選んでもらえたと
      思ったら もう 結婚式だなんて…
      なんだか 展開が 早すぎよね。」
ビアンカ「でも 私 うれしいよ。
      だって ○○○○のこと
      ずっと 大好きだったから。」


多分、この感動は25歳超えて、SFC版体験してる人しか分からない
感動だろうなぁと思ってます(笑)。二つ目の台詞は
SFC版には存在しなかったものですから。

SFC版プレイ当時、「青髪・清楚」というばにじゃ的ストライクゾーンで
フローラを選びました。(某くりすんはこれに「お金持ち」という涙なしには
語れない条件がついていたそうですけど(苦笑))

今回は、「幼なじみを裏切れない」そして、流れに流されてしまう自分
を如実に表す結果となってしまいました。
まぁ、それが一番良かったんだなぁと改めて今、感じています。

こんな私ですから、ビアンカの石化を解いたシーンでも落涙(笑)。
いや、ほんとこういうもので泣けるとは年くったなぁと思いますけど。
プロジェクトXでもどばどば泣けるぐらい、私の精神年齢はかなり
上昇傾向を見せ続けております(⌒▽⌒;)。

そして、タイトルの時刻に、SFC版で果たせなかった最終ボス攻略を
果たしたのでした。息子と娘を馬車に残したまま(笑)、
「私・ビアンカ・ピエール(スライムナイト)・ゴレムス(ゴーレム)」で。

私は、忘れません。

力強く、最終ボスに対して「エルフののみぐすり」を3本呑んで、
メラゾーマを27発(うち、マホカンタで打ち返されて2発自爆(笑))も
打ち込んだビアンカの姿を。(うちのパーティの主力は彼女です)

DQ5、家族三世代物語。十分満足しました。
久々にタブレット買って、CG描きたくなりましたねぇ。
エッチな下着は結局最後まで着させることはありませんでした。
そういう視点で見ることが最後まで出来なかった(*ノノ)キャー。

やっぱり、私はぴゅあなんでしょうか(⌒▽⌒)。

でも、最後に。
息子の名前を「パーン」、娘の名前を「ディード」にする自分のセンス
の無さに落涙(爆)。<泣くな

なお、DQ5を朝からやってたのは編集していた奈良優駿のデータが
飛んでしまったからだとは口が裂けてもいえません。

_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
実況MP3ファイルが壊れた。収録に1日かかったのに(ノ_・。)
[PR]
by banijya | 2004-07-20 18:54 | 日常よもやま話
では、まずは日曜日のお話から。

でぃーどは朝から仕事で、朗らかに授業(w
ただ、仕事と仕事の間の空き時間がなんと5時間もあります。

そうすると、自然と足は仁川に向いてしまうわけで。

そして、阪神競馬場でピンキッシュに遭遇(爆)。
ピンキッシュさんは今日はピンクのミニスカートという
とんでもない出で立ちでした(笑)。身長180cm以上の
女装ピンキッシュさんに出会うと、とたんに勝率が落ちる(苦笑)
でぃーどなんですが今日は違いました。

実は一週間前に
「函館芝1200は外枠と藤田・よこのりさんしか来ないので
超簡単です(^▽^)」というメールを飛ばし、さらにここのBLOG
でも書いておいたせいで、(それをきっちり読んでいた)
あるたみさんは函館5Rで三連複16240円をげっつ!

でぃーどは8Rの枠連8-8決着となったレースを
馬連17870円、馬単33080円をダブルげっつ!


どうですか、頑張ってるでしょ?(⌒▽⌒)
オースミコスモ祭りは不発でしたけど_| ̄|○

というわけで、再び仕事に戻ったあと、アタック参加日記が全く
進まないT久島せんせを交えて呑んでました(笑)。
そして、二人と別れて大和路線へ。

眠気防止のためにルナチャに入ったところまでは記憶があるのですが、
途中でやっぱり寝てしまい、気が付いたらありえない駅にいました。

一言で言うと・・・「終点」(爆)。

呑みすぎには注意しましょう(笑)。
[PR]
by banijya | 2004-07-20 14:21 | 競馬よもやま話