ネットクイズ界を縦横無尽に駆け抜けるでぃーどせんせー、と呼ばれてます。最近は上の写真のようにクイズやったり文章書いたりしてます。ページをwoman.exciteに移したいなぁと。コメントはご自由にどうぞ。


by banijya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いつかのために、準備は続けます。

眠れないときは文章を書くクセがあるハイエルフです。
こんばんは。


最近は、ネットクイズも企画企画の花盛り。
ぱんだ商店さんとこのネットクイズスケジューラーや、
くげさまのところのQスケを見てるとほんとすごいなぁ、と。

7・8月なんて割り込む余地がないよ_| ̄|○

でも、こういう状況になると、「私も企画したい!」って
いう人ができなくなるような感じもあるんですよね。

というか、老舗ともいうべきところでも一歩引いてる
可能性はあるんではなかろうか、とも。



今年の夏は、ネットクイズ界も大型クイズ企画が花盛り。

「SAKUGEFinal」
「高校生クイズトリビュート」
の2大巨頭の予選が毎週展開されていくようになる。

うれしくもあり、また、つらくもあり。
(どっちも全部出ようとするからでしょ(^^;))

あと、もう中型とは言えないレベルになりつつある、
ひでぽんさんの「スルノカ?クイズ」まで入れると
わたしゃはいったいどうなってしまうのか、と(何


自分のペースでクイズができる空間というのが
私のネットクイズとのつきあい方だったので、
今後は、もし仮に勝ち残っていけたとすれば
なんだかとってもせわしないなぁという状況に
なるのかなぁ、とふとぼんやり考えてしまったわけです。

QDJにも参加できないぐらい忙しい状況がずっと続いていますし。


なんて言うんでしょうねぇ。

ホームグラウンドがアウェイになっていく感覚、
といったらわかってもらえるのかな?


また、精神的な余裕ができればいいなと思ってます。

また、バカ問読む余裕が生まれればいいなって。



ネットクイズスケジューラーって、先々まで
誰がどういう企画を打とうとしているかという点では
とてもいいとは思うのですが、仮押さえでも何でも
先々までガガガガガっとかかれているとなんだかなぁ、と。

企画やりたいと思う人もたくさん(特に夏休みなどですと)
いらっしゃるでしょうし、でも、そんな中で
正直、何か大きなものとバッティングがわかると…ね。

避けようとするのが人情かなってハイエルフは思います。



最後に、私が尊敬するある人が言っていた言葉を一つ。

「オープン大会にしろ、例会にしろ、参加する人は貴重な
休みを割いてやってくるわけだから、その点はふまえておかないとね。」


いつも、これを肝に銘じて例会や企画は担当してるつもりです。

同じものを強要しようとは思いませんけども。

社会人の時間の無さ、というのはしみじみ感じる今日この頃です。


さ、問題つくろ。必ずどこかで日の目は見るんだから。
[PR]
by banijya | 2006-07-14 01:52 | でぃーどん天幕團