ネットクイズ界を縦横無尽に駆け抜けるでぃーどせんせー、と呼ばれてます。最近は上の写真のようにクイズやったり文章書いたりしてます。ページをwoman.exciteに移したいなぁと。コメントはご自由にどうぞ。


by banijya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

北の旅人。(後編)(第三回スルノカ?クイズ旅行記)

(まだ前編を読んでない人はこちらからどうぞ。)

<北コース 第6チェックポイント 盛岡>

小岩井農場で牛乳早飲み対決!
(ハンデとしてシェールは牛乳まんじゅう2個)。

ではなくて、トロ馬車タイムレース。


ひでぽんさんに開始前に
「あなたも老獪なテクニックを発揮してくださいw」と
言われたので、じゃあ(゜▽、゜)と本気で老獪なテクニックを考える(w

とりあえず、周りとのポイントチェックをしながらゆっくりと
攻めてみようと考える。ここでチェックするのは今後の早押しの展開を
考えて、早押し相手としては何度か対戦経験がある
thomaさんや番長さんではなくて、
ぼっこみくんとタケノコプターくんをチェックし、どれだけ
押し勝てたかをチェックしつつやってみることにする(十分老獪(゜▽、゜))。

前半終了時点で
ぼっこみくん    1○2×(最大ポイント-1)
thomaさん      2○2×(最大ポイント+1)
タケノコプターくん 1○1×(最大ポイント+1)
番長さん      1○0×(最大ポイント+2)

ここまでみんなのポイントが「先行脚質」だとしてこの状況。
一方私は、3○0×で3p。
後半の「追い込み脚質」にしていることもあって、
後半1○で十分だな、と思いながら攻めることにした。

後半。「水沢競馬場」をとれた段階で勝利は確定。あとは気持ちよく
問題を聞いて行こう、といった気持ちに。そして、タケノコプターくんの
押しの早さをチェック。「倉敷藤花」とか「ザルツブルグ」とかを1行押し。
十分、手練れの予感を醸し出す。うん。この子は強い。気をつけよう。

後半の結果。
ぼっこみくんが2×をやらかした時点で勝負あったな、と思いました。
でも、一つだけいえるのは、この子もどんどん強くなりそうだな、と。
若い力の躍動を感じ始めた瞬間でした。



<北ルート準々決勝 金木町>

ストーブ列車内でスルメイカをいただきました。
はぐはぐ。(かみ切れなかったらしい)

ビールくださいとのたまう未成年者と、
日本酒を求める番長・thomaコンビ。
ダメです。そういうことをすると司会者まで飲もうとしますから(゜▽、゜)

ここでは大声クイズ。

前回も大苦戦の末、何とかみんなが押しそうにない難問ばかりを攻めて
勝ちきった覚えがある。

まずは言いやすい大声フレーズがいいなぁ、
とか思っていたらこんな展開に。

ひでぽん:ところで南コースの方に、
     あなたを倒すためだけに参加したという
     お友達の方がおりますねw
     誰ですか?
シェール:(゜▽、゜)さん(w
ひでぽん:あるたみさんの存在は不気味ですか?
シェール:あの人はナマモノですから。
     不気味以外の何者でもないです。
ひでぽん:それは確かに不気味ですね~^^;;
     そこであなたは「(°▽、°)帰れ!」と叫んでくださいw

やってみるとわかるのですが、結構、これは言いにくい(w

でも、大声フレーズ的には番長さんやthomaさん
よりはマシかなぁ、と思い直す。
(番長さんは14文字、thomaさんは10文字、
シェールとタケノコプターくんは9文字)

1問目。
(東北地方にある4年制国立大学)
朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、
「あ」

この段階で私以外の3人が動き出す。
私にとってはまだ確定ポイントではないので静観。

ところがなぜか3人とも手が止まる(w

なんでよ(苦笑)。

続き。

と幽(かす)かな叫び声をお挙げになった。
という書き出しで始まる太宰治の小説のタイトルは?

さぁ、確定ポイントがきたのでゆっくりとがんばろう(゜▽、゜)


(岩手大学゜▽、゜)帰れ!
(゜秋田大学▽、゜)帰れ!
(゜▽弘前大学、゜)帰れ!
(゜▽、山形大学゜)帰れ!
(゜▽、゜宮城教育大学)帰れ!

というわけで「斜陽」を正解。まぁ、これは出ると思っていたのでOK。
ちなみに、最後の最後にひねりだした宮城教育大学は某ミスタイムさんの
おかげです。感謝感謝♪(思い出すのにちょっぴり時間かかったけど)

次の「プレスリー」は番長さんにささっと行かれ、
(3つ叫ぶのに手間取った時点であきらめてました)
次の3問目。
「江戸三上水の一つとして知られ」の段階で叫び始める。

なんとか解答権をとって「玉川上水」正解でリーチ。

で、次のお題が・・・
(あなたの好きな女性の名前w)。

とりあえずこっぱずかしいなぁ、と思いつつ、
思い切ってゲームキャラをすべて並べる恥も外聞もない作戦へ(爆)。

まぁ、この問題はとられてもいいや(マテ

その後、タケノコプターくんの誤答をはさんで、何とか国際捕鯨委員会を
正解し、2回連続の1抜け。
(ちなみに、美味しんぼに国際捕鯨委員会の話が出てたんですよ)

番長さんが後に続き、最後に勝ち上がってきたのは、thomaさんの3人で
準決勝、の夢を打ち砕いたタケノコプターくん。

注意すべき人があがってきたな、という印象を受けていました。



北ルート、決勝を前に。

ひでぽんさんに送ったメール。
そこに私が記したこと。

「この第三回スルノカ?クイズで連覇できたら、私はスルノカ?だけでなく
ネットクイズ界からきれいに身を引こうと思ってます」

かなり、本気でした。

自分自身が、なかなか時間的にいろいろなものを捻出できない、という
部分もあったのですが、何よりもネットクイズで
十分すぎる思い出ができた。
いろんなつながりもできた。

「もう、悔いはないな。」って。


若い人々に対して、あのハイエルフは(シェールは)伝説となった。
そういう形ができればいいな、と思ってました。

だからこそ、私にとっての最後のニューヨーク決勝の相手。
最後の相手はだれがいいかな、と思って南コースを見渡したら、
知識量・指の速度を知っている、きっどんや(゜▽、゜)さんではなく、
若手エキスパートの代表格、ポリフォンくん以外いなかったのでした。

最後、ニューヨークでポリフォンくんを完膚無きまでに叩きつぶして、
彼を「_| ̄|○」させられれば、満足(ひねくれてる)。

とまぁ、こんなシナリオを描いていたんです。

ちなみに、じゃんけんで当たってなかったらポリフォンくんではなく、
この相手はルックスくんになったかもしれません。

それぐらい、あるたみさんのSMASHから発掘された彼らの勢いは
すさまじいものでした。去年の年末の「SMASH疾風怒濤」で私は
並み居るメンバーを相手に一矢を報いることができましたけど、その時から
ですね。こういうことを考え出したのは。

そういう思いを持って挑んだのが、
私にとって最後のチェックポイントでした。



<北ルート決勝 竜飛岬>


横の二人をじっと眺めてみる。

まずは押しの速度ではわたしと、ほとんどひけをとっていないことが
判明したタケノコプターくん。とにかく、基本的な問題に対する反応
速度が速い。学問系や、ツボにはまる問題のやりこみ方からはクイズ
研究会のにおいをぷんぷんさせている。問題の順列によっては足下を
すくわれてもしょうがないな、とあきらめさせられる瞬間もある。

SAKUGE2005チャンピオン番長さん。
要所要所で、目の前に現れる壁が私らしい。
「LunarticAcademy」もそうだった。
押しの速度では負けていないが、得意ジャンルがまるっきり違うので
お互いに相手が反応できない問題になると負けてしまう。
ただ、雑学知識系になると完全に指勝負になるので気はゆるめられない。


とにかく攻めよう。
北ルート、準々決勝・準決勝と相手の先手を奪って1抜けができた。
ここも同様に。

緊張しながら、早押し機に親指をおいた。


「問題
青森県にある市でその名前が
ひらがなで書かれる市は2つあります。つ」

「つ」の文字が見えた。
確定ポイントが出れば、こちらのもの。

無事に「むつ市」を正解。

「問題
その深さは423mと」

ここでタケノコプターくんが「田沢湖」を正解。
そう。こういう1行押しの展開になったら勝てない。
それでも、タケノコプターくんにはこういう長所がある。
これが続かないことを祈るしかなかった。

「問題
石川さゆりのヒット曲「津軽海峡冬景色」の
一番の歌詞に出てくる
鳥は?」

たまたま、に近い。押し勝つことができた。
「かもめ」を正解し、2ポイント目。

「問題
スリーレターコードはUKB。
今年の2月16日に」

反応が遅れてしまって、番長さんに先に行かれる。
神戸空港。早くも閑散としかかってます(ぉ

「問題
デビュー曲「桜の花びらたち」が
オリコン初登場10位を記録。
秋葉原の劇場で毎日ステージを行っている、」

秋葉原、まで待ってしまったのでやはり、その筋のプロ(マテ
番長さんに持って行かれる。きびしい。

「問題
日本語では陽電子放射断層撮影という
最近注目のガン検診、」

指が勝手に反応してしまった。
とりあえず答えないと…。えーっと。
「CTスキャナ」ぶー_| ̄|○

あと1行見てれば答えられたなぁ。しょんぼり。

というわけで、誤答・スルー待ちの状態から無事にスルーが出て
全員2ポイントでこの問題。

「問題
旧国名がビルマといえば
現在のミャンマー。では
旧国名をセ」

押し勝ち。セ、で始まるところってここしかないから。
「スリランカ!」

そして通過席。一発で決めてしまおうと心に決める。
というわけで1番。

「問題
その手腕から「マエストロ」の異名をとった、
今年1月末に退官するまで約18年に渡りFRB」

顔は出てくるのに名前が出てこないで撃沈。
グリーンスパン。結果的にこれが敗因となる。

そして番長さんが通過席へ。
1問スルーを挟んでこの問題。

「問題
ミケランジェロやレオナルドダビンチを支援し」

ここでタケノコプターくんが1行でまた反応。「メディチ家」を正解。
入れ替わりで通過席へ。

そして…。

「問題
1870年プロイセンとの戦争に敗れたフランスで
民衆と国民軍が政府に反抗して樹立した」

私も押した。しかし、タケノコプターくんのハットが先にあがっていた。



タケノコプター:パリ・コミューン

ピンポンピンポンピンポンピンポン!!!!

ひでぽん:正解!!ニューヨーク行き!!



この瞬間、2連覇の夢、決勝行き、そしてそれ以外のシナリオが
音を立てて崩れ去っていきました。

ひでぽんさんとのエンドトークでも言ってますけど、
簡単に引退できないなぁ、って(苦笑)。

前回チャンピオンは準決勝止まり。
変なジンクスできちゃったなぁ。


罰ゲーム。

金髪ロングヘアー、ばっさりいきました。
一応、かぶれるようにカツラの形にしてもらえるように
剃ってみたんですけどね。
番長さんは、ほんとえなりかずき風スマイルで
なまなましかったです(゜▽、゜)。

どうでもいいのですが、番長・シェール・ひでぽんの罰ゲーム内における
やりとりは台本なしのアドリブです。それでこのミラクルプレイですから(w

吸盤つけて軽トラック引っ張ったところまでは覚えてます。
が、そのあとの記憶はありません(w


その後、わたしと番長さんは
鶴田町から鰺ヶ沢町へ移動し(鶴田町には皮膚科がなかったので)、
鰺ヶ沢町立中央病院に入院。
同時に整形外科で頭皮の移植手術を行い、金髪ロングヘアーを再生。
番長さんはスーパーミリオンヘアーで再生(笑)しました。

入院中、くげさまがラーメンようかんとか、ジンギスカンキャラメルとかを
持ってきてくださって、とても華やいだ空気になったり、それを看護師の
おねぇさんに食べさせて殺伐とした空気になったり、なまなましかったの
ですが、とても大切な入院生活でした(ぇ?)。

ニューヨークの決勝はVTRで見ました。
南コースを勝ち抜いてきたのはポリフォンくん。
それよりも、タケノコプターくんの勢いが勝ったな、と思いました。

そして思ったこと。
青杜くんや私が飲み込まれたジンクスに
タケノコプターくんも飲み込まれる?(ぉ


そして青森空港から帰宅。
大阪伊丹空港で、徳島に向かう番長さんとお別れ。

家に帰り着いた時、季節のカレンダーはもう一つめくられていました。

寒く、冷たかった北の大地から、暖かく平和な帰らずの森へ。

もう一度、本土へ。

そう思えば、スルノカ?に参加するのが楽しみになる。

今回は若い力の躍動を強く強く感じさせられました。

そして、まだまだ、「若い者には負けんゾイ」と思う
気持ちも生まれてきました。

もうちょっとだけ、旅を続けます。

感覚的には「一生、ハイエルフします。」なんですけどね。

また、負けたくない戦いが始まりを告げたようですから。





カクテルドレス、竜飛岬まで持って行きましたが、もう一度封印です。

なぜって?

だってね。これは・・・




ニューヨークでしか、着ないから。





こうして、私の第3回アメリカ横断スルノカ?クイズは終わりました。

旅を終えて、治療を終えて。

再び、帰らずの森に降り立った時。

帰らずの森の家の前で、一人の子がずっと待っていました。


「せんせー、おそーい。ずっと待ってたよー」

今度はこの子を連れて、ひでぽんさんが主催したもう一つの戦いへ
足を踏み入れることになります。

それはまた、後日の講釈・・・です。たぶん。


第3回アメリカ横断スルノカ?クイズ
主催者:ひでぽん
参加者:64名
ペーパー1位:シェール(京都府)
WA:カンタベリー物語
(「バースの女房の物語」や「トーパス卿の物語」などの話を
聖地へ向かう途中の29人の巡礼者たちが順番に語るという形式でつづられる
チョーサー作の作品は何?」)

優勝:タケノコプター(奈良県・東大寺学園高校2年)
準優勝:ポリフォン(奈良県・東大寺学園中学2年)
3位:番長(香川県・社会人)
   シェール(京都府・魔法剣士)
   きっど(大阪府・社会人)
   あるたみ(大阪府・(゜▽、゜))

参加者の方から情報をいただきました。
[PR]
by banijya | 2006-06-29 03:19 | たびのにっき。