ネットクイズ界を縦横無尽に駆け抜けるでぃーどせんせー、と呼ばれてます。最近は上の写真のようにクイズやったり文章書いたりしてます。ページをwoman.exciteに移したいなぁと。コメントはご自由にどうぞ。


by banijya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

頑張りすぎのハイエルフ。

順をおってお話ししましょう。
(本気で長いですよ。読むんだったら心して読んでくだーたい。)

まずは、土曜日。
私主催のD-1GRANDPRIX第三戦山口大会にご参加いただいた
みなさま、ほんとにありがとうございました。

今回は何としても「制限時間」(24:30)に終わらせる
という目標を達成しようと意気込んで運営を心がけました。
(なんとかそれは達成できました。A決勝でみなさんに
コメント聞いてる余裕がありましたので)

土曜日、生徒と一緒に電車に飛び乗って仕事から
慌てて帰宅。帰りの電車内で最後の問題調整を
会社から支給されたノートパソコンで行って
奈良交通バスにバスカードをつまらせることもなく、
無事に帰ってきました。

そして、最終登録者の確認ということでメールを
チェック。一番遅かったのはミスター鰺ヶ沢でした(゜▽、゜)。

会場(でぃーどチャット)の様子をみながら、最後の最後まで
問題の整理。使用予定の問題をじっくりとチェック。

そして、21時になり、スタート。
と思ったら、生徒対応の電話が入りしばし離席(笑)。

15分遅れのスタートとなったのでした。

今回は山口・九州勢が軒並みxyzに行ってしまったので
前回より10人減って27名。実際は当日来られなかった方も
3人いたので24名での勝負となりました。

ところが、骨っぽいメンバーが多い。

ネット界で一大旋風(市大旋風?)を巻き起こす
「大阪市立大学クイズ研究会」勢は今回、
第一戦福岡A決勝の覇者ガワさん。
第一戦福岡B決勝の覇者絵羅六栗鼠亭くん(くりすん)。
孤高の顔文字芸人・SMASH主宰あるたみさん(゜▽、゜)。
そして、そんな3人の先輩であるむしろさんが初参戦。
で、合計4名。
正直、でぃーどの手の内を知り尽くしてるメンバーなので
とってもイヤな感じです(笑)。(⌒▽⌒;)

結果はむしろさんが一気にA決勝を制覇。
B決勝はガワさんが制覇。
そして、C決勝は初めてC決勝になったえらなんちゃらを
しり目に、引っ越し準備で忙しいはずの(T)さんが
はらぐろくうそくさく制覇していきました。

今回の反省点もたくさんあります。

まず、始めに。
予選Aの「昔ながらのソース焼きそば」問題。
深夜に問題を打ち込んでいて、裏取りをしていたのですが、
問題を書き込んだ時点で「一平ちゃん」と書くつもりが
なぜか、深夜4時に食べていた「昔ながらのソース焼きそば」
を書いてしまっていたのでした(w
(えー、つっこみどころはたくさんあるでしょうが、
コメントで受け付けます(゜▽、゜))
らっとん、申し訳ない。
というより、東洋水産さんごめんなさい(笑)。

そして、予選E。
8分間でのタイムレース。
実はこれは、くりすんのところの「早押しに強くなれるかも
しれないペーパークイズ」を参考にして作りました。
だから、極端な話をすると、
「わたくしでぃーどが答えを確定できる
ポイントで」1行目を区切ってしまっていたのです。
で、8分間が終わった後に気が付きました。

私が確定できるポイントはみんなにとっても確定のポイントだと。
ですから、ここは完全に回線速度や反応速度の勝負に
なってしまったと激しく反省してます。
指の遅いハイエルフの反応ポイントですから
みなさんにとっては普通なのでしょうね、と。
あと、8分間に微妙にズレがあったかもしれません。
読むのに必死だとこうなる、という典型でした。

毎回必ず反省が残る。
やはり運営って難しいですね。はい。

次の第4戦は最後に申し上げたとおり、
D-1GRANDPRIX第四戦広島-春の祭典-
と銘打ってスペシャルでお送りしようと思います。
得点レートに変化があるわけでもなんでもないのですが、
ちょっとしたことを考えてますので、またそのときにお話
しようと思います。

ここでちょっとインターバル。
現時点で私が確認できているD-1の感想を書いてくださった
ところを。(今回の第3戦に関して)
まず初参加にしてA決勝まで行ったくげさん
三回連続でA決勝に登り詰めた青杜さん
攻めたら飛ぶという悪癖が直らなかったじゃすさま

あと、うちも書いたぞーって方はトラックバックしてくださいませ。
批判も感想も込みで読むのは怖いのですが、正直楽しみ
でもあるのです。D-1は次回につなげていかないとダメなので。

さて、日曜日。

まずはお昼のアタック部。
国語問題しか取れないハイエルフでした。終わり(終わるな。

いや、Izaさんが速いのなんの。
まだまだ、反応速度でIzaさんに勝てません。
日々精進。
あと、もずくすーぷ(以下略

あ。そういえば、D-1にIzaさん来てなかった(苦笑)。

日曜午後。
高松宮記念。
吉田稔からちょこっと張って撃沈。終了。

日曜午後。
模試を作成しながら、新規結成された
アタックブ(仮)の初例会の様子を見る。

ここらへんは難しいトコですが、あえて、苦言を呈せば
クイズの為の勉強か、勉強のためのクイズかを
分ける必要はないと思うんですよ。
掲示板に顧問の刃さんが細かく書いているとおり、
、「個々の力をつけるためにサークルを作る」ことを
考えていることを頭の片隅に置いておいてください。
なのですから。
私は、敢えて言うなら見守る立場にいるハイエルフです。
大上段に立った言い方をすれば「目標の場を提供する」こと
しか出来ません。私自身、まだまだ発展途上だという認識でいますから。
だからこそ、「例会」は徹底的に問題に触れる場にしないと
みんなのためにならないんじゃないか、とも思ったのです。
「大会(D-1にしろ、SMASHにしろ)」は「聞いたことがある」
という各人の記憶の引き出しを探り出す場なのですから。
入試でも勉強でも同様の作業だと思うのです。

今回の状況を2時間みせてもらって、私なりの感想は
すべて顧問の刃さんに伝えておきました。そして、
それぞれの課題も述べておきました。逆の言い方をすると、
それが、私からみた現在のアタックブ在籍のみなさんの弱点
だと思います。あとは、自分自身を鍛えられるか、ですね。
強くなって、D-1に、SMASHに出てきてほしいですね。
また、そういう人たちのために、番長さんの「ビギナーズ」も
ある、と番長さんご自身もおっしゃられてますから。
(この前のルナオフの時に、だいぶそれで話し合いました。
SMASH、D-1、ビギナーズそれぞれの役割を
それぞれの主催者3人が持ち寄って)

夜。
SMASHに登録していたので出場することにしました。
相手は、ここでぃーどBLOGよりリンクも貼らせてもらってる
兵藤さん。正直、ジャンルが全くかぶらないので
ぶつかりにくい相手だなぁと思ってました。

と、同時に裏ではふじどんさんのチャットで
丼杯敗者復活戦が行われていました。
私のPCのスペックでは、とてもJETチャットを二つ
開くことは不可能です。
そういうことをすると、メモリのお掃除やさんがずーっと
稼働してくれます(苦笑)。

ところが、昨日はなぜかご機嫌がよく、JETチャットを
二つ開いても大丈夫だったのでした。

で、SMASHは21時から。丼杯は21時半から。
ところが、モトドンさんが二夜連続の車中泊深夜バス
焼鳥屋遠征で欠席。しかもその間に
SAKUGE2004チャンプのwaさんが
裏取りまで完了させて30分で3択を二題提出
という荒技に成功し、レフリーあるたみさんをあたふたさせる(笑)。
というわけで、あるたみさんの準備が少々かかっている間に
ぼんやりと丼杯の窓をみながら変なことを考えてました。

それは・・・
丼杯のみなさんに対して笑いをとるにはどうするか。
(早くも趣旨をはきちがえてる)

さまざまなことを考えました。
単純に丼杯のページに入っていたのは
「ログ」を残したかったから。ところが、とりあえず
名前残しておきたいなぁとかいう変な気持ちが
出てしまったのです。そこでふじどんさんが参加者募集の
ナイショをお願いしますと言ったときに思わず、こう書いちゃいました。
(みんなを)びっくりさせたいんでとりあえずエントリーします。
ついに、二兎を追ってしまったのです。
とりあえず、参加したという証を残したかったです。
メンバーが発表されたときに一笑い起きたので良し
(そういう問題じゃなくって)。

で、SMASHの3択を答えながら、丼杯で自分の
早押し速度を確かめるという荒技を敢行。
SMASHの3択が大概難しくて、とりあえず、直感で
思ったものをビシバシ答えて、丼杯は早押し得意な人が
先にささっと抜けるだろうから、まずはふじどんさんの問題傾向を
探るために前半はかなり様子見をしてました
(丼杯の参加回数はまだ1回しかないので)。
うまかっちゃんさんやルックスさんがささっと
抜けたところで、SMASHのほうもささっと答えられる問題
(考えても分からない問題)をこなしつつ、丼杯の早押しにも
集中(何やってる)。で、出てきた問題(25問目)が・・・
「問題
扇の骨がはずれてバラバラに」
問題になるのってあれしかないな、と思って思わず反応。
「かなめ」で1ポイント。

そして、そこで勝ち抜け人数があと4人であることを知る。
で、ここで欲が出てしまって、思わず丼杯に集中(お馬鹿)。
流浪の民さんが抜けてケメ子さんが抜けてあと2人。
青杜さんが焦って飛んでしまって、
次にきたのがこんな問題(30問目)。

「問題
自動車で、前輪の中心から」
免許持ってないけど思わず反応(w
「ホイールベース」で正解。
実質的に5問で勝負を決めてしまって
答えた本人がびっくりの勝ち抜け(⌒▽⌒;)。
うそくさの神舞い降りる(w
そして、最後に始めに私に向かって「カエレ(w」と
ナイショで飛ばしてきたトーマさんが勝ち抜けて終了。

といってる間にSMASHの3択も終了。
正答率は自己採点で5割。これが意外とよいほうだった
というのは最後に分かることになる。

あるたみさんが得点集計をしている間に、丼杯は
準決勝のコース決めが行われ、9抜けのでぃーどは
選択権も無く、Aコースのボードへ。

で、ここで恐れていた事態発生。
ふじどんさんへのナイショ解答を順調に進めていた
6問目。
「メガネで遠視の矯正に用いるのは、
凹(おう)レンズ、凸(とつ)レンズのうちどちらでしょう?」
どっちだったっけなぁ、自信ないなぁ。
パスしよう。とおもってナイショウインドウを開いたら
固まる(爆)。でぃーど大慌て。そして何を思ったか、右下の
「モビット」の広告をクリックしてしまう(w
そして




パス
_| ̄|○

というわけでトーマさんに漁夫の利をプレゼントしちゃったのでした。
とりあえず、UFJ銀行の口座を解約したくなりました(爆)。

一方のSMASH。
「ハンザ同盟」を答えさせる問題で、
じゃすさま・ガワさんにつられて思わず押してしまう。
すると、何の因果か、
じゃすさま誤答。それにつられてガワさん誤答。
で、私に解答権が回って来ちゃって、その前の問題文
「ドイツ語で「団体・同盟」をあらわす」ってあったので
思わず語学知識で「フェライン」って答えたらぶー○|_| ̄。
(ドイツ語で団体は確か「フェライン」って言った気がする。)

一気に追い込まれる。
その後なんとか早押しを正解して勝利することは出来ましたが
ほんとに怖かったです。はい。毎回SMASHはヒヤヒヤもの。

というわけで、二兎をおったのですが、結果は一勝一敗。
まぁ、こんなものでしょうね。
(^^:)反応ながら、参加させていただけたふじどんさん
ありがとうございました。でも、チャンピオン大会
ひそかに出たかった(ノ_・。)

そして、徹夜で模試を作成して、本日完成ヽ(^∇^)ノ
って1本のテストつくるのに、どうして22時間もかかる
んだ自分_| ̄|○ 。

これなら論文書いてる方がよっぽど楽です。はい。

というわけで、久々に長いBLOG記事でした。
[PR]
by banijya | 2005-03-29 00:51 | ネットクイズよもやま話